雑記

連休明けで太ってる…!【何とかして元の体重に戻す方法を解説します。】

美少女さん

連休明けに体重測ったら太ってた!何とかして元の体重に戻したい…。
どうせ痩せるなら前よりも痩せたいなぁ。
簡単に出来る、おすすめの方法は何かないの?

今回は、こんな疑問に答えます。


連休になると、食卓も豪華になって、ついつい食べ過ぎてしまう…。
これって良くあることですよね。


私も年末なんかはビールに寿司にと、あり得ないぐらい食べすぎてしまいます。
そして後になって、「太ってる…。」となることは、もはや毎年の恒例行事です(笑)


そこで今回は、連休でたるんでしまった体を元に戻す方法について紹介します。

記事の信頼性

私は連休になると、ついついごちそうなどを食べてしまい、体重が5キロぐらい増えたりしてしまうことがあります(笑)

それでも、筋トレや食事改善をして、常に普通よりもいい体をキープしています。

今回は、そんな私が連休太りを改善する方法を紹介します。


連休明けで太ってる…!元の体重に戻す方法を解説します。

連休で増加してしまった体重をもとに戻す方法を解説していきます。


それでは行きましょう。



太る原因は『食べすぎ+運動量の低下』

まず最初に、連休で太ってしまう原因を紹介します。


連休で太ってしまう原因は、「食べすぎ+運動量の低下」の二つの要素が絡み合っていることです。


連休特有の豪華な食事に加えて、普段やっている仕事が無い分使用するカロリーが少ないことが、連休太りの原因になります。

美少女さん

太る要因のダブルコンボだね…。


普段ならある程度多めに食事を取ってもそう簡単には太らないのに、連休にはなぜか太ってしまうのにはこういう事情があるからなんです。



元の体重に戻す方法は、「普段通りの生活に戻すこと」

それでは肝心の体重を戻す方法を紹介します。


結論から言うと、「普段通りの生活に戻す」ことが、体重を元に戻す方法です。


何言ってんだ?
と思われるかもしれませんが、先ほどの連休太りの原因を思い出してみて下さい。

原因

  • 連休特有の豪華な食事を食べすぎたこと。
  • 仕事が無い分運動が不足していること。


この二つでしたよね。


ということはつまり、この二つの原因を取り除いてあげれば、元通りの体重に戻ることになります。


豪華な食事はやめて、仕事を再開する。
つまり、連休前と同じ生活に戻すことが、体重を元に戻す方法になります。


ただ、これでは元に戻るまでにある程度の期間が必要になってしまいますよね…?


普段通りの生活で元の体重に戻るのを待とうとすると、当然毎日少しずつしか戻っていきません。
ちょっとでも食べすぎると、減るどころか増えてしまうことも考えられます。


これでは、わざわざこの記事を読んでくれている人に申し訳ないので、できるだけ短期間で元に戻す方法を次の章で紹介します。




早く戻したいなら、一時的に食事の量を減らすのもアリ。

出来るだけ早く体重を戻す方法は単純です。


筋トレをしている私の目線からは、あまりおすすめしたくは無いのですが、一時的に食事の量を減らすのもアリだと思います。


普段通りの生活に戻れば、徐々に元に戻っていくのですが、ペースを速めるためには食事の量を減らすことが効果的です。


ただ、太った分が落ちたら後、それ以上のダイエットに食事の量を減らすという方法を利用するのは辞めたほうが良いと思います。


食べないダイエットは危険ですし、簡単にリバウンドしてしまうからです。

美少女さん

楽して落としても簡単に増えるってことだね。


あくまで、「太った分だけ落とす」イメージで食事の量を減らすようにしましょう。


それ以上にダイエットをしたい場合は、次の章で出来るだけ簡単に痩せられる方法を紹介するので参考にしてみてください。




「どうせなら連休前より痩せたい!」できるだけ楽に痩せる方法も紹介!

どうせなら、連休太りの分だけでなく、連休前以上にダイエットしてしまうのもいいかもしれません。


この章では、出来るだけ簡単にダイエットを成功させる方法を紹介します。
ただ、いくつか注意点があります。

注意

  • 私の言う痩せる=体重が落ちるという意味ではありません。(見た目が痩せるという話です。)
  • 〇〇するだけで痩せるというようなものではありません。
  • 運動はある程度必須。ジムがダメでも自宅でトレーニングをしましょう。


先ほどまでは便宜上痩せる=体重が落ちるというような語り口でしたが、それはあくまで連休太りに限っての話です。


元々の体形を変えようと思ったら、体重に捕らわれるのではなく、あくまで見た目にこだわるようにしましょう。


脂肪でぶよぶよの体より、筋肉質で引き締まった体の方が体重が重いこともあります。

美少女さん

これは、脂肪より筋肉の方が重いからだね!



最初から最後まで楽なダイエットという物は、この世にはおそらく無いので、ある程度の努力は必要になります。


それでは方法を紹介していきます。




運動は短時間の筋トレに。(有酸素の方がキツイ!)

まず、ダイエットをするなら、筋トレをおすすめします。


有酸素運動の方が痩せやすいというイメージがあるかもしれません。
確かに有酸素運動は脂肪を燃焼するので、できるならやるに越したことは無いでしょう。


ただ、有酸素運動にはデメリットも多々あります。

有酸素運動のデメリット

  • 始めるまでのハードルが高い。
  • 時間がかかる。
  • 単純にキツイ。
  • 雨が降ったらモチベーションが下がる。


このように、有酸素運動は意外と初心者が挫折してしまうポイントが多いのです。


これらを補ってくれるのが筋トレです。


筋トレこそキツそうというイメージがあるかもしれませんが、筋トレのキツさは短期的な物です。
ほんの一瞬きついだけなので、意外と初心者でも継続しやすいんです。


にもかかわらず、筋トレには圧倒的なメリットがあります。

筋トレのメリット

  • 基礎代謝の向上で痩せやすくなる。
  • 明らかな見た目の変化。
  • テストステロン値の上昇で、自信がつく。


このように、筋トレには様々なメリットがあるので、自宅で毎日筋トレをすると良いでしょう。
自重のトレーニングでも、継続するとそれなりの効果がありますよ!


おすすめのメニューは、基本的な以下の三つです。

  • 腕立て伏せ…10回×3~5セット
  • スクワット…15回×3~5セット
  • 出来れば懸垂…10回×3~5セット


これらを毎日ローテーションしながらやれば、かなり美しい体を作ることができますよ!


最初は難しいかもしれませんが、そのうち難なく出来るようになると思います。
簡単に出来るようになったら、新しい種目を加えてみたり、回数を増やしやりしながら負荷を増やしていくと良いでしょう。



食事は量を減らすのではなく、配分を変える。

次は食事についてです。
食事は量を減らすのではなく、食べるものの配分を変えるようにしましょう。


太る原因は、脂肪と炭水化物です。
これらを抑えて、その分赤みの肉や野菜を沢山食べれは脂肪を落とすことができます。


今まで炭水化物メインの食事だったとしたら、野菜と肉類を多めにして炭水化物を減らすという感じです。
そこまで厳密に計量しなくても大丈夫です。


野菜と肉類を多めに食べ、ご飯は少なめにする。
これだけで、体はだいぶ変わります。


筋トレと合わせて数か月頑張れば、今までとは全然違う体になっていますよ!
ぜひ挑戦してみて下さい。


もし、タンパク質が思うように取れそうにないという場合には、プロテインを飲むと良いですよ!
筋肉をつけるのにタンパク質は必須なので、不足させないように注意しましょう。


以下のプロテインは私が普段飲んでるものです。
筋トレの有無にかかわらずプロテインは摂取しておいた方がいいですよ!




連休明けで太ってる人が元の体重に戻す方法:まとめ

今回は、連休明けに悩まされる連休太りの原因と対策を紹介しました。

連休太りは今まで通りの生活に戻せばいずれ解消されますが、どうせなら食事の見直しや運動をする習慣を付けて、今まで以上に引き締まった体を目指してみてはいかがでしょうか?

正しいやり方で行えば、思っているよりも簡単に肉体改造できますよ!


-雑記

© 2021 イキルブログ2 Powered by AFFINGER5