職場や仕事

【改善】会社に行く前に動悸がする…。改善方法は転職しかないの?


こんな人におすすめの記事です。
  • 会社に行く前に感じる動悸を何とかしたい。
  • 改善方法を知りたい人。
  • 根本的に改善したい人。


「会社に行く前になると、動悸がする…。」


会社でなにか嫌なことがあると、会社に行くこと自体が嫌になってしまいます。
これは誰でも経験することでしょうが、殆どの人は数日もすれば綺麗に忘れて今まで通りに出勤することが出来るようになります。


ただ、中にはいつまでも気分が晴れず、「行きたくないな…」という思いを抱えたまま無理し続けることで、毎朝腹痛に悩まされたり動悸を感じたりしてしまう人もいます。

美少女さん

まじめな人ほど不安感とかで悩まされるんだよね…。


そこで今回は、会社に行く前に動悸を感じてしまうほど追い込まれてしまった人のために、原因や根本的な改善方法を紹介します。

筆者について

私は会社に行く前に動悸までは感じなかったものの、精神的に参ってしまい精神科で「社交不安障害」という診断を貰っています。

そんな私ですが、現在は会社を退職しだいぶマシな精神状態になりました。

実際に悩んでいた私が、会社に行く前の不安感を根本的に解消する方法を解説します。





会社に行く前に起きる動悸の原因は?

まず、会社に行く前に起きる動悸の原因についてです。


先ほど少し書きましたが、主に会社で嫌なことがあったなどの理由で、会社に対して恐怖心や不安感を抱いている場合、ストレスが溜まって動悸が起きてしまう事があります。
極度の緊張を感じているという事ですね。


動悸までいかないまでも、腹痛がしたり、頭が痛くなったりする経験はほとんどの人がしたことがあると思います。
その状態が悪化すると、心拍数が上がり、動悸となってしまうのでしょう。


私はそこまではいきませんでしたが、体が会社に行くのを拒否するような感覚を感じていました。


通勤途中、不意に会社に行くのをやめて、「このままどこかへ行っちゃおうかな…」という気分になったことは一度や二度ではありません。




会社に行く前に動悸が出るのは既に追い込まれている証拠

会社に行く前に動悸が出るということは、既に心が限界近くまで追い込まれてしまっている証拠です。


当時、休職をした私ですら、動悸という症状は出ていませんでした。


今現在、既に動悸が激しくなるような症状が出ているのなら、それは心に相当な負荷がかかっている証拠です。

美少女さん

相当追い込まれてる証拠かも…。


一刻も早く改善なり対策をする必要があります。


そうしなければ、うつ病になったり、自傷行為に及んだりと大変なことになる可能性があります。
そうなる前に、危機意識をもって行動を起こしましょう。




会社に行く前になると動悸が…改善方法は転職しかないの?

よく、こういった話になると、「転職するのが唯一の改善方法です!」といったような話になりますが、それは本当なのでしょうか?


私が思うに、転職をすれば良くなるという問題ではないと思います。


例えば、今の会社でなぜか人間関係が上手くいかず、悩んだ末動悸の症状が出てしまっているとします。
ずっと我慢して、それでも良くならないので転職をしました。


これで解決できたのでしょうか?
確かに解決する可能性はあります。


でも、解決しないどころか悪化することも考えられます。


おそらくこの場合では、転職してもまたボロが出始め、最初と同じように辛い毎日が始まってしまうでしょう。


理由は簡単です。
自分に人間関係を良好に保つスキルが無いからです。


この場合、そもそも会社で働くこと自体に適正がないという可能性が高いです。


「なぜか人間関係が良くない」と認識しているということは、自分でも人間関係が上手くいかない原因が分かっていないということになります。


こんな状態で次の職場に移れば、例え周りの人が良い人だったとしても、人間関係は良好に保つことは難しいでしょう。
知らず知らずのうちに地雷を踏んでしまうからです。


この場合、転職することよりも先に、自分のコミュニケーション能力を磨いたり、人と関わらない働き方を模索するほうが直接的な原因の解決になると思います。


転職は確かに機会になるかもしれませんが、思考停止で転職という選択肢を選ぶのではなく、「何がダメなのか」という所を徹底的に考えることの方が、動悸への対策としては結果的には効果的です。


何をやっても駄目だった時の最終手段が転職という認識を持ったほうが良いでしょう。




会社に行く前に感じる動悸の効果的な改善方法

では早速、動悸の改善方法を紹介していきます。


今回は、出来るだけ根本的な改善が出来るような方法を探しました。


色々な改善方法を紹介するので、今の自分の状態にあった対策を取ると良いでしょう。
ではいきます。




真っ先に考えるべきは、「節約と貯金」。

毎日会社に行くのが辛くて、限界を感じる…。


そんな時にまず真っ先に考えるべきことは、意外かもしれませんが「節約と貯金」です。


動悸が出るぐらい追い詰められているのに、なんで「節約と貯金」なんて考えなければいけないんだ?
と疑問に思うかもしれません。


ですが、この「節約と貯金」を意識するということは、生きていく上で重要な要素です。

節約が出来るようになるということは、支出が減るということになります。
支出が減れば、沢山の収入を得る必要はありません。


貯金が出来ていれば、多少収入が途切れても問題なく対応できます。
貯金がある程度出来ていれば、会社を辞めたり、転職してもその間を食つなぐ事が出来ます。


節約しているので毎月必要な生活費は少額、貯金もあるから別に無職期間があってもそこまで問題は無い…。
つまり、節約と貯金を意識した生活をすることで、正社員として限界まで働く必要が無くなるのです。

  • 辛いと思ったらいつでも辞められるし、辞めてもしばらくは問題ない。
  • 節制した生活も出来るので、別にフリーターでも十分満足いく暮らしが出来る。


このように、節約と貯金を意識することは、生活のハードルを下げ、辛いと思ったら「いつでも」逃げ出せる環境づくりに一役買ってくれます。


精神的に参っている状況だからこそ、敢えて節約と貯金を意識することで、逃げ道を作ることが可能になるのです。


貯金に関しては、それ自体がモチベーションになることもあるので、やっておいて損はありません。




会社側が原因(会社が悪い)の場合、転職は効果的。

先ほど、転職は問題の改善になるとは限らないというようなことを書きましたが、当然転職を期に状況が好転することもあります。


例えば、会社が原因(会社が悪い)でストレスを感じてしまっている場合です。


自分に非は無いにもかかわらず、会社側の振る舞いが悪い事でストレスを感じている場合は、その会社から逃げ出すことで、状況が良くなる事でしょう。

美少女さん

ブラック企業がいい例だね!


頑張るだけ無駄な会社というのもあります。
そんな時は、積極的に転職をして、いち早く環境を変えてしまうのが得策です。


明確に今の会社にいるべきではないという理由が分かっているのなら、行動は早い方が良いですね!


もしあなたがまだ20代の若手なら、いくらでも転職は出来ます。
おすすめはマイナビジョブなどの転職サイトで求人を探すことですね。


無料で利用出来て、多数の求人があるので、再出発には最適です。

>>マイナビジョブはこちらから



仕事をすること自体がダメな場合、「フリーター×副業」に切り替える。

もし、先ほどの例にあったように、自分は「会社で働くこと自体がそもそも向いていない」と思うのなら、「フリーター×副業」という働き方がおすすめです。


予算的に厳しくなってしまうため、節約は前提になってしまいますが、この働き方が一番バランスが良く、将来的な選択肢に可能性もあるので非常におススメです。

日本は、弱い人に優しい国です。
そのため、フリーターでも実はそれなりの暮らしをすることができます。

フリーターであれば、動悸がするほど苦手な労働を最小限に抑えつつ働く事が出来ます。
フルタイムで勤務する必要がありません。


週に4日一日7時間みたいな働き方が可能になります。


時給1000円でも、4日×7時間×1000円×4週間=112000円程度は稼げます。


月約11万円も収入があれば、節約すれば何とか生活は出来るでしょう。
地方部なら余裕です。


このように、生活に必要な最低限の資金だけをバイトで稼ぎ、空いた時間で副業をする…。
これが、精神的な負担を最小限に抑えつつ、将来に希望を持って生活できる方法だと思います。


ちなみに、副業には沢山の種類がありますが、初めはクラウドソーシングのような作業した分だけ報酬が貰えるタイプのものがおすすめです。
報酬が出ないタイプの副業は中々辛いですからね…。


クラウドソーシングには元手という概念が無いので、無料で始めることが出来ます。
会社以外から収入を得るという感覚を持つと、世界が変わって見えるので、一度やってみても良いかもしれません。


以下の記事でおすすめのサイトをランキング形式で紹介しています。

関連記事
【ランキング】副業するならクラウドソーシング!失敗しないサイトはココ!



慣れてきたら自分の経験をブログにしたり、youtubeで発信したりして、色々な収益の柱を作っていくと、生活がどんどん豊かになっていくことでしょう。


しばらく経ったらサラリーマンの収入を完全に超えていた…なんてのも良くある話です。




一時避難としてニートになるのもアリ。

最後の方法ですが、一時避難としてニートになるのもアリです。


私も、休職期間は一切働かずに家に引きこもってサイトの記事ばかりを書いていました…。
でも、そんな時間があったからこそ、今落ち着いていられているのかもしれません。


人間疲れたときは休むことが肝心です。


体は数日もゆっくりしていれば疲れは取れますが、心はそうはいきません。
数週間から数か月かけてじっくり休むことも大切です。


ただ、一生ニートで生活していくのは困難なので、いつか何らかの行動をしなければいけない時が来てしまいます。


ですので、休むだけ休んだら、バイトでもネットビジネスでも何でもいいので、お金の稼げる可能性があるものに手を出していくと良いでしょう。




まとめ:会社に行く前の動悸は改善できる

まとめです。

会社に行く前に感じる動悸の原因は、会社で抱えてしまうストレスや恐怖、不安が原因です。
これは既に追い込まれている証拠なので、一刻も早く改善できるように行動するべきです。

具体的には以下を意識することで改善することができます。

改善方法

  • 真っ先に考えるべきは、「節約と貯金」。
  • 会社側が原因(会社が悪い)の場合、転職は効果的。
  • 仕事をすること自体がダメな場合、フリーター×副業に切り替える。
  • 一時避難としてニートになるのもアリ。


まずは節約や貯金などを意識し、会社を辞めることも視野に、自分の理想の生活を目指して行動するのが良いと思います。


マズいと思ったら、自分を最優先に考えて一旦避難することも大事なことですよ!



-職場や仕事

© 2021 イキルブログ2 Powered by AFFINGER5