職場や仕事

仕事でミスしても落ち込むな!ゾンビのように立ち直る方法を完全解説!

美少女

「仕事でミスした…。最近上手くいかない事ばっかりで落ち込むな…。
仕事でミスする原因とか立ち直る方法とかをまとめて教えて欲しいな!」


今回はこんな悩みに答えます。


本記事の内容
  • ミスをして落ち込んでしまう原因を解説。
  • 失敗から「97%立ち直れる方法」を紹介!
  • 「仕事でミスをして落ち込んでいる人」に向けた情報を総まとめ!


この記事を書いた人

仕事でミスをすると、誰でも落ち込んでしまうと思います。


「自分なんて…」と不安になったり、自己嫌悪に悩まされてしまう人も居るかもしれません。


また、彼氏や彼女など、「大切な人が仕事のミスで悩んでるけど、どう元気づけてあげればいいのか分からない…」なんて状況の人も居るかもしれませんね…。


そこで今回は、「仕事のミスによる気分の落ち込み」が原因で困っている全ての人に向けて、立ち直り方や正しい元気づけの方法などを、まとめて紹介します。


仕事のミスがらみの疑問については、この記事一記事で、ほとんどの悩みに対応できるので、「自分に関係があるな…」と思う部分だけでも読んでみて下さい!


きっと解決のヒントが得られるはずです。ではいきます!



目次

もそも仕事でミスをしてしまう原因

そもそも、仕事でミスをしてしまう原因は何なのでしょうか?


結論から言うと、ミスをしてしまう原因は6つほどあります。
以下の6つです。

  • 一度ミスしたことに対する対策が出来ていない。
  • 萎縮や緊張をしてしまう。
  • 仕事のやり方を人に聞かない。
  • 中間報告が無い。
  • 一度に仕事を抱え込みすぎる。
  • あまりにも適性が無い。


この6つが、ミスの根本的な原因になっている可能性が非常に高いです。


そして、これらの原因は2種類に分類することが出来ます。

  • 緊張などのメンタル面の問題
  • 仕事のやり方の問題。


この2つです。


そのため、「メンタル面の問題と、仕事のやり方の問題」それぞれに対して対策を練ることで、ミスをしないで仕事をすることが出来るようになってきます。


ミスの原因と対策についての詳細は、以下の記事で記載しています。

関連記事
仕事でミスばかりしてしまう原因は?原因を知らなけらば改善はあり得ない!

続きを見る





あなたの経験年数別に仕事でミスをして落ち込む原因や対処法を詳しく解説します。

この章では、あなたの経験年数別に「仕事でミスをして落ち込む原因や対処法」を解説していきます。


経験年数によって、悩みの性質や対策方法が変わってくるので、ぜひ参考にしてみてください。


それぞれより詳しく記載されている記事があるので、そちらも参考にしてみて下さいね!
ではいきましょう!



新人で仕事のミスが多くて落ち込む場合の原因や対処法

新人で仕事のミスが多くて落ち込む場合の原因や対処法についてです。


入社一年目の人は参考にしてみて下さい。



新人が仕事でミスして落ち込む原因

新人がミスをして落ち込む原因は「無力感」であることが多いです。


「自分には何もできない」ということを、ミスという形で思い知らされるので、結果的に落ち込んでしまうんですよね。


新人が仕事が出来ないなんてことは当たり前のことなのですが、ミスをした本人からすると大ごとですからね…。


無力感によって、結果的に自己嫌悪に陥ってしまうのも無理はありません。



新人が仕事でミスして落ち込んだ時の対策

新人で仕事のミスが多くて落ち込んでしまう場合には、成功体験を積むことが一番の改善方法になります。


ですが、成功体験を積むということは、そう簡単なことではありません。


成功体験は時間をかけて少しずつ作っていくものなので、一朝一夕ではできません。


代わりに、成功体験を作るよりも簡単にできる対処法を3つ紹介します。

  • 新人はいい意味で期待されてないことを知る。
  • リカバリー方法を学ぶ機会だと捉える。
  • 自分にとって重要な「働く理由」を明確にする。


この3つを意識して仕事をすると良いでしょう。


詳しいことは以下の記事に書いてあるので、確認してみてください。

関連記事
新人なら仕事でミスしても落ち込むな!落ち込む原因と3つの対処法も解説!

続きを見る





2年目なのに仕事でミスをして落ち込む場合の原因と対策

次は、2年目なのに仕事でミスをして落ち込む場合の原因や対処法についてです。


入社二年目なのに、「ミスが無くならない…」と焦っている人は参考にしてみて下さい。



2年目なのに仕事でミスをして落ち込む原因

結論から言うと、2年目が仕事でミスして落ち込む原因は「焦り」です。


新人の頃とは違い、2年目ともなるとミスに対する周りの目も変わってきます…。
すると、徐々にミスをする度に焦るようになってしまいます。


当然ですが、いくら焦っても、それで仕事が上手くいくことはありません。
むしろ焦れば焦るだけ、余計悪い方へと向かってしまいますよね…。


そうなると、負のスパイラルにハマってしまい、気分もどんどん落ち込んでしまうのです。


これが、入社2年目の人がミスをして落ち込んでしまう大きな原因になります。



2年目なのに仕事でミスをして落ち込む時の対策

焦りを無くすためには仕事の基本を忠実に守り、徐々に成果を出して自信を付けていくしかありません。


具体的には、以下の3つの対策をすると良いでしょう。

  • 徹底的に先輩を真似る。
  • 仕事が「出来なくてもいい理由」を見つける。
  • メンタルケアは忘れずにしよう。耐えられなくなったら環境の方を変えるべき。


2年目なのに仕事でミスして落ち込んでしまう時には、この3つを意識することで、落ち込みづらくすることが出来ます。


更に詳しい解説は、以下の記事でしているので確認してください!

関連記事
2年目なのに仕事でミスして落ち込む…。原因と対処法を解説します。

続きを見る





3年目なのに仕事でミスをして落ち込む場合の原因と対策

次は、もう3年目なのに仕事でミスをして落ち込んでしまう場合の原因や対処法についてです。


新人の時や2年目の時とは違う意味合いもあるので、要チェックです。
ではいきましょう。



3年目なのに仕事でミスをして落ち込む原因

3年目なのに仕事でミスして落ち込むのは、「適性が無い」からです。


入社3年目のミスは、新人の時や2年目の時とは違い「経験不足」が原因という可能性は少ないです。


そのため、同じようなミスを繰り返す場合には、そもそもその仕事に適性が無いことが原因である可能性が高いと言えます。


個人の性格や能力によって、仕事にも向き不向きがありますからね。


適性が無いといくら努力しても一向に進歩しないので、落ち込んでしまうのも無理はないと思います。



3年目なのに仕事でミスをして落ち込む時の対策

3年目なのに仕事でミスして落ち込む時の対処方法は「転職」しかありません。


先ほども言った通り、適性が無いことが殆どなので、他に対策がありません…。
このまま続けても辛い思いをするだけです。


特別な理由でもない限りは、もっと向いている仕事を探したほうが良いでしょう。


以下の記事でおすすめの転職サイトを紹介しています。

観覧記事
【最新】転職サイトのおすすめランキングTOP3!厳選して紹介します。

続きを見る



3年目がミスをして落ち込んでしまった時のことは、以下の記事で詳しく書いてあるので参考にしてみて下さい。

関連記事
もう3年目なのに仕事でミスして落ち込むのはヤバいかも。原因と対策を紹介!

続きを見る





ベテランなのに仕事でミスをして落ち込む場合の原因と対策

最後に、ベテランなのに仕事でミスをして落ち込んでしまう時の原因や対策を紹介します。



ベテランなのに仕事でミスをして落ち込んでしまう原因

結論から言うと、ベテランが仕事でミスしてお落ち込んでしまう原因は、ケアレスミスに過剰に反応している場合が殆どです。


ベテランになるまで仕事を続けてこれたということは、実力不足でミスをしてしまうということは無いでしょう。


ケアレスミスは誰にでもあることなので、過剰に反応して落ち込む必要はありませんよ!



ベテランなのに仕事でミスをして落ち込む時の対策

落ち込む必要は無いとはいえ、実際に気分が落ち込んでしまっているのなら、対策をする必要があるでしょう。
放っておくのも辛いですからね。


対策としては、以下の2つが有効です。

  • 落ち込むよりも先に安心しよう。
  • 今までの実績や功績を思い返す。


この2つを意識して仕事をすることで、多少のケアレスミス程度では落ち込まないでいられると思います。

美少女

「落ち込むよりも先に安心する」ってどういうこと…?



対策については、ここで詳細まで全てを書くと長くなってしまうので、別記事にまとめました。


以下の記事で詳細を確認してください!

関連記事
ベテランが仕事でミスして落ち込むのってヤバい?原因と対処法を解説!

続きを見る





落ち込むようなミスをしないための仕事術

ここまでで、年代ごとのミスをして落ち込んでしまう時の原因や対策、また「そもそもなぜミスをするのか?」という根本的なミスの原因についてを解説しました。


ただ、「具体的にどんな仕事の仕方をすればいいのか?」という点についてはまだ記載していませんでした。


そこで、この章ではミスを防ぐための仕事術をまとめておきます。


具体的には、以下の8つがミスをしないようにするために有効な仕事術です。

  • その1:朝一で「ToDoリスト」を考えておく。
  • その2:仕事の内容をカテゴリー分けする。
  • その3:時間を区切る。
  • その4:なんでもメモを取る。
  • その5:メモは後で整理する。
  • その6:仕事ごとの手順書を作る。
  • その7:頭の中に付箋を増やすイメージを持つ。
  • その8:考えても分からないことは初めから聞く。


この8つです。


全て私が実際にやっていたものの中で、特に効果を感じられたものだけを厳選しているので、かなり参考になると思います。


この8つの中でも、絶対にやったほうが良いのは、「その7:頭の中に付箋を増やすイメージを持つ。」という仕事術です。


これを意識するかどうかで「仕事を効率よく出来るかどうかが決まってくる」と言っても過言ではないほど重要です。


仕事術に関しての詳しい解説は以下の記事で記載しています。
参考にしてください。

関連記事
仕事でミスが続くときの対処法!ミスを防ぐ8つの仕事術で予防しよう!

続きを見る





仕事でミスをして落ち込んでもゾンビのように立ち直る方法!【97%は立ち直れます】

仕事でミスをして落ち込んだ時でも、簡単に立ち直る方法を解説します。


結論から言うと、「リカバリ→メンタル回復」の2段階で行動すると簡単に立ち直ることが出来ます。



ちなみにタイトルにもある97%の意味ですが、以下のとおりです。

97%の根拠


私が会社で働いていた時、細かいものを含めると月に3回ほどはミスをしていました。
一年間で約36程度ミスをするという計算になりますね。


私はとても神経質な性格(のちに社交不安障害と診断される)なため、細かいミスをする度に信じられないほど落ち込んでしまっていました。


そんな私でも、最後の一回(ミスだけが原因ではないけど、退職を決断した時)以外の全ては実際に立ち直ってきた方法なので、最後の一回を除いたすべてのミスである「97%程度」は立ち直ることが出来たよ…という数字です(笑)


この数字にはあまり深い意味はありませんが、実際に私が幾度となく絶望から立ち直ってきた方法なので、結構参考になると思います。


以下に詳しい手順を記載するので、参考にして行動すれば、大抵は立ち直ることができますよ!



まずはリカバリー!方法を紹介

仕事でミスをして落ち込んでしまった時、まず最初にするべきことは「リカバリー」です。


とにかくミスしたことを修正して、被害を少しでも少なくできるようにしないといけませんからね。


具体的なリカバリーの手順は以下の通りです。

  1. まずは状況確認をしよう。
  2. ミスの修正案、誰に伝えるべきなのかを考える。
  3. 状況が整理出来たら報告しよう。
  4. 後は指示通りに処理しよう。


当たり前と言えば当たり前かもしれませんが、それぞれに意味があるので、この順番通りに行動すると良いでしょう。


そうすれば、ミスを迅速に処理することができ、上司からの評価もあまり下がらないように対応しきることが可能です。


それぞれの手順の詳しい解説は、以下の記事にまとめてあります。

関連記事
仕事でミスが発覚した後の立ち回り方!【シミュレーションもします】

続きを見る



また、「発注者に誤って違う成果品を渡してしまった」という場合の立ち回り方法を実際にシミュレーションしているので、それも読んでみて下さい。


ミスした後のリカバリーのイメージがつかめると思いますよ!



次にメンタルを元に戻そう。

ミスをしてしまった後のリカバリーを無事に終えたら、とりあえず一段落ですね。


普通なら、「何とかなった…」と安心するところですが、責任感が強いあなたは、ミスをしてしまったこと自体にひどく落ち込んでしまっているかもしれません…。


そこで次にするべきことは、落ち込んだメンタルを回復させることです。


メンタルを回復させる方法は沢山ありますが、特におすすめな方法を5つ紹介します。
以下の5つです。

  • とにかく好きなことをする。
  • 誰かに相談する。
  • 筋トレをする。
  • 沢山寝る。
  • 適度な飲酒をする。


このように、自分のメンタル状態を良くしてくれそうなことをすると良いでしょう。
これだけでも、だいぶ元気が出てきますよ!


でも、もしかしたら「これだけじゃメンタルを立て直すにはちょっと足りないかな…」と思う事もあるかもしれません。


実は、そんな時に使える「メンタルを立て直す奥義」があります。


その奥義とは、「徹底的に立ち直ることだけを考え続ける」ことです。



先ほどの5つの方法には、「根本的な原因の解決を目指していない」という盲点があります。


実際には、原因を取り除かない限り、落ち込んだメンタルを完全に回復することは難しいですよね…。


そのため、5つの方法で立ち直れないなら、根本的な原因から逃げずに「なんとかして克服して立ち直ることだけを考える」時間が必須になってくるのです。


このあたりのことは、以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてみて下さい。

関連記事
落ち込んだ時に元気になる方法!メンタルを立て直す奥義も紹介しちゃいます。

続きを見る



このように、ミスから簡単に立ち直るためには「リカバリ→メンタルの回復」の2段階で行動すると、良いですよ!
ゾンビのように復活しましょう!(笑)



仕事でミスをしても落ち込まないメンタルづくりの方法。

この章では、仕事でミスをしても落ち込まないためのメンタルづくりの方法などを解説します。
ではいきましょう。



落ち込むのはメンタルが弱いせい。

そもそもですが、気分が落ち込むのはメンタルが弱いのが原因です。


メンタルが弱いから、ミスに対して過剰に反応して、「自分なんて…」という自虐的な思考になり、結果として落ち込んでしまうのです。


もし、メンタルが健康なら、一瞬ショックを受けたとしてもすぐに元に戻るので、あまり落ち込んだりはしないんですよね…。


そのため、メンタルを今よりも強くする事が出来れば、逆に落ち込みづらい状態を作り出すことも可能と言えます。



自分のメンタルが強いのか弱いのかの判断基準。

そもそも、自分のメンタルが強いのか、それとも弱いのかって気になりますよね?


自分のメンタルが強いのか弱いのかを判断できるように、判断基準を紹介しておきます。


以下の通りです。

メンタルが強い人の特徴

  • 周りの目が気にならない.
  • ポジティブ思考。
  • すぐに相談できる。
  • 打たれ強い。
  • 放っておくと体を広げるようになる。


メンタルが弱い人の特徴

  • ネガティブ思考
  • 人と比較する癖がある。
  • 一人で抱え込んでしまう。
  • 周りの目が気になる。
  • 打たれ弱い
  • 放っておくと体が縮まる。


それぞれ、このような特徴があるので、自分のメンタルの強さを判断してみて下さい。



仕事でミスをしても落ち込まないメンタルづくりの方法。

本題の落ち込まないメンタルづくりの方法を紹介します。


結論から言うと、以下の3つが有効です。

  • 思考を放棄する練習をする。
  • 結果のみに注目する。
  • 他人のせいにする。


また、プラスアルファで、「成功体験を積む」努力もするべきです。


これらを心がけることで、徐々に落ち込まない強いメンタルを作っていくことができます。


以下の記事で、メンタルづくりの方法をより詳しく解説しています。

関連記事
「心が弱い…強くなりたい!」メンタルを強くする方法を徹底解説!

続きを見る





仕事でミスをしても落ち込む必要ない理由。

ここで、仕事でミスをしてほ落ち込む必要は無い理由をまとめます。


こち込む必要ない理由としては、以下の2つがあります。

  • ミス=失敗とは限らないから。
  • ミスしても本来の目的に影響はないから。


詳しく解説します。



ミス=失敗とは限らないから。

一つ目は、ミス=失敗とは限らないからという理由です。


ミスはしないに越したことはありませんが、正しく処理できれば、「その仕事をより深く知る」ことのきっかけになったりもします。


そう考えると、必ずしもミス=失敗というわけでは無いと言えると思います。
ミスから得ることもあるという事ですね。


このように、「後のことを考えるとミスをしたほうが知見が深まったりする」こともあるので、落ち込む必要は無いと思いますよ。



ミスしても本来の目的に影響はないから。

二つ目は、ミスしても本来の目的に影響はないからという理由です。


働く理由は人それぞれでしょうが、大抵の人は「お金を稼ぐこと」が動機だと思います。


仕事でミスをするのは確かに良い気持ちでは無いでしょうが、「お金」という面出か考えると、正直そこまで影響ありません。


いくらミスをしても、しっかりリカバリーが出来れば収入は変わりませんからね…。


そう考えると、別にミスをしたところで本来の目的に影響はないので、落ち込む必要は無いと言えると思います。



仕事でミスをして落ち込んでしまった時にやってはけない事。

仕事でミスをして落ち込んでしまった時にやってはいけないことがあります。


それが、「無理」をすることです。


落ち込んだ時には精神が不安定になっています。


そんな状態で無理をしてしまうと、最悪の場合精神を病んでしまう可能性がありますからね…。
なので、無理だけは何があってもしてはいけませんよ…!


また、自己否定も極力避けたほうが良いでしょう。


自分を肯定できずに「自分なんて…」と思い悩んでいると、どんどんネガティブになってしまい、さらに深く落ち込んでしまいます。


そのため、自分を否定する考え方をするのは極力辞めたほうが良いでしょう。


落ち込んだ時にやってはいけないことや、正しい対策に関しては、以下の記事でまとめてあります。

関連記事
【実体験】落ち込んだ時にやってはいけないこととは?対処法も解説

続きを見る





仕事でミスをして落ち込んでしまった人の励まし方。

ここまでは、自分が仕事でミスをしてしまった時の立ち回り方などを解説してきました。


この章では、自分以外が仕事でミスをしてしまった場合の励まし方などを解説します。



落ち込んでるのが彼氏の場合

まず、彼氏が仕事でミスをして落ち込んでしまっている場合の励まし方です。


彼氏の場合、以下の3段階で励ますと良いでしょう。

  1. まずはどんなミスをしたのか聞こう。
  2. 聞いたら、余計なことは言わずに「彼氏の心」を心配をしてあげよう。
  3. あとは何も言わずにそっとしておいてあげよう。


男性は、女性に比べてプライドを重視しています。


そのため、アドバイスなどは極力少なくしたほうが良いでしょう。
あくまで「いい意味で放っておいてあげる」のを前提に励ますように心がけましょう。


更に詳しい彼氏の励まし方は、以下の記事に記載してあります。

関連記事
仕事でミスして落ち込む彼氏を元気づける方法!男性目線で解説します!

続きを見る





落ち込んでるのが彼女の場合

次は、彼女が仕事でミスをして落ち込んでいる時の励まし方です。


彼女を励ます時のポイントは、「彼女の気を紛らわせてあげる」ことです。


具体的には、以下のようなことをしてあげると良いでしょう。

  • とにかく話を聞いてあげる。
  • ご飯に誘ってみる。
  • 映画に誘ってみる。


この3つがおすすめです。


彼女は彼氏に対して「安心と共感」を望んでいます。
そのため、叱責などの攻撃的な対応は絶対にしないようにしましょう。


最悪、関係を終わらせてしまう原因にもなり得ます…。


より詳しい彼女の励まし方に関しては、以下の記事を参考にしてください。

関連記事
仕事でミスして落ち込む彼女の励まし方!「共感」で高感度爆上げ!

続きを見る





部下が落ち込んでいる場合

最後は、部下が仕事でミスをして落ち込んでいる時の励まし方です。


意識するのは以下の2つです。

  • 基本的にはあまり話しかけないほうが良い。(気にしていない風を装う)
  • 的確なアドバイスだけを丁寧に伝える。


この2つを意識しましょう。


部下がミスをしてしまい落ち込んでいるのなら、既に反省は十分しているはずです。
そのため、さらに叱責をしたりしたところで何の意味もありません。


とにかく的確なアドバイスをしてあげて、あとは気にしてない風を装って放っておきましょう。


あまり関わりすぎると、余計に委縮してしまう可能性もありますし、追い打ちで叱責すると最悪会社に来なくなってしまうことも考えられます。


そのため、部下と関わる時は距離感を大事にするようにしましょう!



仕事のミスをして落ち込む頻度が多すぎる…病気(ADHD)かも?

もし、「仕事のミスが異常に多い…物をすぐになくしたり、先のことが考えられない…」という場合、ADHDの可能性もあるかもしれません。



ADHDと診断された友人の話。

実は、私の友人に一人、ADHDと診断された人がいます。


その人は、元々正社員として働いていたのですが、以下のようなミスを異常なほど繰り返し、結果的に退職することになりました。

  • 予定を上手く組めない。
  • 予定をすぐに忘れる。
  • ねじなどの小さなものをすぐになくす。
  • 重要な書類を間違えて捨ててしまう。
  • マルチタスクが極端に出来ない。


このようなことが原因でミスをし続けていた結果、精神を病んでしまい、「中等度のうつ病」という診断もされて、結果的に会社は退職することになりました…。



ADHDの友人がやっている職業。

ですが、この友人に関しては、私が思うに会社を辞めて正解だと思います。


なぜなら、彼は会社を退職後、持ち前の異常な集中力を活かしてフリーランスとして働いており、月収は100万円を超えるほどの優秀ぶりを発揮しているからです(笑)
具体的には、イラスト関係のフリーランスですね。


このように、ADHDは確かに会社で働くにはデメリットが多いですが、個人として生きているなら最強の武器にもなります。


もし、「自分はADHDなのかも…。」と疑わしい部分があるのなら、一度診断を受けてみると良いかもしれません。
放っておいても良い事は一つもありませんからね!


友人も診断を受けて「納得した」と言っていたので、確かめて損は無いと思います。



仕事でミスをして落ち込むのがつらいなら、別の業種へ転職するのもアリ!

仕事でミスをして落ち込むのが辛いなら、別の業種へ転職するのもアリです。


そもそも仕事には向き不向きがありますからね。
苦手な仕事を無理して続けたとしても、不向きな仕事では中々上達しません。


そうなると、余計に辛くなってしまうので、いっそのこと別の業種へと転職するのもアリだと思います。


今は様々な転職サイト・エージェントがあるので、未経験でも比較的簡単に転職できる時代です。


今すぐに転職する必要はありません。転職サイトに登録して求人を眺めるだけでも、気持ちが楽になると思いますよ!


おすすめの転職サイトやエージェントは、以下の記事で紹介しています。
本当におすすめのサービスだけを厳選しているので、参考にしてみて下さい。

関連記事【最新】転職サイトのおすすめランキングTOP3!厳選して紹介します。

関連記事【最新】転職エージェントのおすすめランキングTOP3!厳選して紹介!





まとめ

今回は、仕事でミスする原因や立ち直る方法などをまとめて紹介してきました。


この記事を読めば、仕事のミスがらみの疑問や悩みについては、大体解決出来るようになっていると思います。


この記事で紹介した立ち直り方や励まし方を活かして、あなたのリアルの生活を良くできるように頑張ってみて下さいね!


もし「ミスばかりで、どうしても会社で働くのが辛い…」と思う場合には、思い切って転職を検討するのも良いでしょう。


とにかく、この記事があなたの現状打破の第一歩になれば幸いです!



-職場や仕事

© 2021 イキルブログ2 Powered by AFFINGER5