フリーター

フリーターでも入居審査は通る?一人暮らししたいなら5つのポイントを抑えよう!


美少女

「フリーターの一人暮らしでも入居審査って通るの?
入居審査ではどの辺を見られているのか知りたいな…。
ついでに通過するためのコツも教えて!」


今回は、こんな疑問に答えます。


賃貸を借りる際、入居審査がありますよね。
正社員であれば、特に気にすることも無く、ただ必要な書類を集めて終了!って感じなのでしょうが、フリーターだとそうもいきません。


場合によっては「フリーターだから」という理由で入居審査に落ちてしまうこともあるようです。


そこで今回は、フリーターでも入居審査を突破することが出来るのか調べてみました!


ではいきましょう。




フリーターの一人暮らしに関するその他の問題や解決策は以下の記事ですべてまとめられています。

関連記事
フリーターの一人暮らしを邪魔する壁をぶち破る!ジャンル別問題・対策まとめ

こちらも参考にしてみてください。




フリーターでも一人暮らししたい!入居審査って通せるの?

結論から言うと、入居審査を通すことは可能です。


特に何も気にしなくても通ることもあるようですが、社会的な信用の低さから入居審査を通過できないこともあるようです。


もちろん住む物件、オーナーによって変わると思いますが、それでも一般的にフリーターは正社員に比べて審査落ちする確率は高いようですね。


特に職を転々としている場合、かなり危なくなるようです。
収入が安定しないので、これは当然のことですけどね…。


次の章で、フリーターでもしっかり入居審査を突破するために大切なポイントを紹介します。





フリーターが審査に通って自由な一人暮らしをしたいなら、「5つのポイント」を抑えること!

一人暮らしをするためには、絶対に入居審査を通過する必要があります。


フリーターの場合、無事に通過するために知っておくべきポイントがあるので紹介します。
今回は、5つポイントを紹介していきます。



定職のある連帯保証人(両親が良い)をしっかりつけること。

一つ目のポイントは、定職についている人(両親が一般的)に連帯保証人になってもらう事です。


連帯保証人とは簡単に言うと、借主が貸主(この場合は賃貸のオーナー)に対して負うことになる支払い責任を、連帯で保証する人の事です。


昔は限度額が無くて、「気が付いたら借金1億円!」


なんてこともあったようですが、現在では上限金額を明記することが必要になっているので、万が一借主が家賃を払えない場合、代わりに支払う人という位置づけになっています。


これを両親などの自分と近しい人になってもらうことで、オーナー側に「万が一の時でも、家族ならしっかり払ってくれるだろうな。」と印象付けることが出来ます。


連帯保証人そのものは、賃貸を契約するなら必要な物なので、結局は家族の誰かにすることになると思います。


それなら両親など、支払い能力があって近しい人になってもらうのが良いと思います。
その方が、入居審査は受かりやすいでしょう。



身だしなみと言動に気を付けること。

二つ目のポイントは、身だしなみと言動に気を付けることです。


入居審査とは、なにもその人のスペックだけを見るわけではありません。
確かに家賃をしっかり支払ってくれそうな人だったとしても、言動や行動に問題がある場合、審査に落ちることもあるでしょう。


入居した後に、住民トラブルや部屋の破損に繋がる可能性もありますからね。
人柄はオーナや管理会社としては重要なポイントです。


そのため、手続きをするときに身だしなみや言動に気を付ける必要があります。

  • 条件に対して文句を言わない。
  • 家賃交渉はしない。
  • 人の話はしっかり聞く。
  • 清潔感のある服装で行く。


最低限、このようなことには気を配るようにしましょう。


身だしなみは、あまりにもふさわしくない借主を避けるための、オーナーや管理会社の「ふるい」のようなものですね。




契約者名を親にする方法もある。

三つ目のポイントは、契約者名を親にすることです。


本来自分が住む物件なので、自分の名前で登録するものと思いがちですが、契約者名をそもそも両親にしてしまう事で、支払いが滞るというリスクを減らして上げることが出来ます。


要するに、学生みたいなものですね。


学生が自分で家賃を支払うのは中々困難なので、両親が支払うことが一般的だと思います。
こういう場合、両親が本人に代わって賃貸を契約するので、オーナーも安心して貸し出すことが出来ます。


これをフリーターになった今でも行うことで、オーナー側としては安心して貸し出せるようになるのです。


実際には契約を両親にやってもらうだけで、支払いは入居者(自分)ということも出来るので、「中々審査に通れない…」と悩んでいる人は、こんな方法を試してみても良いかもしれません。



貯金があるなら預貯金審査に申し込むこと。

四つ目のポイントは、貯金があるなら預貯金審査に申し込むという事です。


預貯金審査というのは、自分の支払い能力を証明するために、自分の預金額を見せて入居審査の判断材料の足しにしてもらうというものです。


「今は収入が少ないけど、これだけ貯金があるからしっかり払えるよ。」
というアピールになる訳ですね。


ただ、具体的に家賃の2年分は最低でも必要なようなので、少しハードルが高いかもしれません。
例:家賃4万円×24カ月=96万円


このぐらいの預金があることが前提になります。


ただ、もし貯金がしっかりあるのなら絶対に利用した方が良いでしょう。
確実に有利になります。



そもそもフリーターOKな大家さんを探す。

五つ目のポイントは、そもそもフリーターでもOKな大家さんを探すという事です。
正直これが一番確実です。


元々大家さんがフリーターでも良いと言っているのなら、問題なく入居審査に通ることが出来ますからね。


こういった物件は探すのが難しいところですが、基本的に家賃が安めの物件を狙うと良いでしょう。
家賃が安ければ、その分支払い額も少ないので、フリーターの収入でも支払いやすいと判断してもらえる可能性が高いです。


家賃が安い物件を多く取り扱っているおすすめのサイトです。
>>家賃2万円~の低価格物件なら『ビレッジハウス』がおすすめ!




そもそもフリーターで一人暮らしをしている人が居るため、入居審査を通るのは不可能ではない。

入居審査があるのにフリーターが本当に一人暮らしなんて出来るのか?
と不安になる気持ちは分かります。


ただ、少し考えてみた下さい。
世の中に非正規社員やパート、アルバイトとして働いている人は腐るほどいます。


その人たちがすべて結婚してるか実家暮らしかホームレスなわけが無いですよね…。
みんなどこかで一人で自立して生活しているんです。


ということは、賃貸を契約して一人暮らしをしていることになります。
現実的に考えて、ニートではなくあくまでフリーターなので、一人暮らしすることぐらいは十分可能でしょう。


フリーターだからと諦める必要は無いと思いますよ!




【フリーターでも審査に通りやすい物件を探す方法】一人暮らしが初めてなら、まずは『イエプラ』で物件を探してみよう!

初めて一人暮らしをするときには、分からないことだらけだと思います。


今回のような入居審査もそうですが、「そもそも物件の探し方が分からない」という人も多い事でしょう。


そこでおすすめなのが、イエプラというサービスです。


イエプラは、チャット形式で物件探しを行うサービスです。
自分が希望する条件を入力するだけで、あとは担当の人が条件に合った物件を紹介してくれます。


物件探しは自分から動かないと中々見つけることが出来ないものですが、担当の人が代わりに動いてくれるので、自分で行動する必要が無くなります。


イエプラなら時間も関係ないので、深夜でも物件探しが出来るのも強みです。


会員登録するのに少し料金がかかりますが、その分良質な情報を受け取ることが出来るので、逆に無料のサービスよりも安心して利用することができますよ。

>>『イエプラ』で条件にピッタリな物件を見つける!




フリーターでも入居審査に通って一人暮らし出来るのか?まとめ

今回は、フリーターが入居審査を通過するためのポイントを紹介しました。
この5つのポイントを押さえることで、入居審査を通過できる確率が高まります。


フリーターでも理想の一人暮らしをすることは出来ます!
この記事が参考になれば幸いです。

-フリーター

© 2021 イキルブログ2 Powered by AFFINGER5