フリーター

一人暮らしフリーターのお金関係の悩みを解消!この記事で全部解決します。


美少女

「一人暮らしフリーターが抱えるお金関係の悩みを解消したい!
詳しい解決法も知りたいな!」


今回は、このような要望に応えます。


フリーターが一人暮らしをしようと思った時、不安になるのはお金のことでしょう。

疑問点

  • 収入はいくらあればいいのか…。
  • 生活費はいくらかかるのか…。
  • 税金はどうなるのか…。


こんな疑問に苛まれて、一歩踏み出すことが出来ない…。
こんな人も多いと思います。


そこで今回は、フリーターが一人暮らしをするにあたって疑問に思うであろうことと、その解決方法をまとめました。


当ブログの過去記事も分かり易いように紹介するので、ぜひ参考にしてみて下さい。
ではいきましょう。




フリーターの一人暮らしに関するその他の問題や解決策は以下の記事ですべてまとめられています。

関連記事
フリーターの一人暮らしを邪魔する壁をぶち破る!ジャンル別問題・対策まとめ

参考にしてください。



目次

フリーターが一人暮らしするのに必要な収入は?収入UPのコツも紹介!


美少女

「フリーターが一人暮らしするには、大体どのぐらいの収入があれば可能なの?
ついでに収入をUPさせるための方法も知りたい!」



こんな疑問には、以下の記事で回答しています。

関連記事
フリーターの一人暮らしに必要な収入と収入UPのコツを詳しく解説!

参考にしてみて下さい。


以下は記事の概要です。
詳しい内容は、上記の記事でチェックしてみて下さい。



フリーターの一人暮らしに必要な収入はいくら?

結論から言うと、フリーターが一人暮らしをするのに必要な収入は、大体月に15万円以上ということが分かりました。


細かい内訳は上記の記事内で紹介しています。


実際には10万円程度の収入でも生活している人もいますが、ある程度消費も楽しみつつ生活するためには、15万円ぐらいあった方がいいという結論になりました。



フリーターでも一人暮らしを可能にするための収入UPのコツ。

フリーターでも一人暮らしを可能にするためには、収入を増やすことが肝心です。


収入UPのコツは以下の2パターンになります。

  • アルバイトを時給の高いものに変える。
  • 副業で足りない分を補う。


このように、収入を増やす努力をしてくことで、足りない分の収入を補うことができるようになります。




フリーターが一人暮らしをしようと思ったら、ビレッジハウスで物件選びをするのがおすすめ!

フリーターが一人暮らしをしようと思った時、一番ネックになるのが家賃です。


フリーターはそもそも収入自体が低いことが多いので、家賃に必要以上のお金をかけてしまうと、その他の生活費に回すお金が足りなくなってしまいます


逆に言えば、家賃にお金をかけなければ、フリーターでも十分充実した生活が出来ることになります。


そこでおすすめなのが、「ビレッジハウス」です。

>>ビレッジハウスのホームページはこちら



格安の物件を多数取り扱っているので、家賃を低い水準に抑えることが可能です。


これに限らず、他サイトでも低価格の物件を紹介しているサイトもいくつかあるので、調べてみても良いでしょう。


ただ、ビレッジハウスには、敷金や礼金がタダの物件も多いので他サイトでは中々ないようなメリットがあるのは事実です。


物件を選ぶときは有名どころのサイト以外にも、こういった低価格物件に特化したサイトを利用するのも手ですよ!




フリーターが一人暮らしするのに必要な生活費は?節約のコツも紹介。


美少女

「フリーターの一人暮らしにかかる生活費はどのぐらいなの?
節約するコツも知りたいな!」



生活費に関する疑問には、以下の記事で回答しています。

関連記事
フリーターの一人暮らしに必要な生活費を状況別に紹介!節約のコツも!

以下に上記の記事の概要をまとめます。



普通の生活をする場合の生活費

結論から言うと、普通に生活をするのに必要な生活費は約11万5千円~12万5千円程度になります。


フリーターで一人暮らしをしつつ、ある程度消費もするような普通の生活をしたいと思っているのなら、生活費は大体11万円~13万円ほど確保できれば良いということになります。


細かい内訳については、紹介した記事に記載してあります。



節約を心がけた場合の生活費

節約を心がけた生活をする場合、最低限必要な生活費は約8万円~8万5千円程度になります。


ただ、ここまで生活費を下げると、かなり質素な生活になるので、実際にはもう少し余裕を見た生活費をイメージしておくと良いと思います。


フリーターをしている理由が「あまり働きたくない」という人なら、このように多少極端な生活でも耐えられるかもしれません。



フリーターの一人暮らしでも出来る節約のコツ

フリーターの一人暮らしでも上手に節約できるコツは以下の2通りです。

  • 家賃など固定費の削減を第一に考えること。
  • 食費や雑費などに必要な金額は、月初めに一定額を引き出しておくこと。


このように、固定費と変動費に分けて支出を把握し、それぞれ別に節約を意識すると、効率よく支出を減らすことができます。




一人暮らしのフリーターが知っておくべき扶養や税金の知識について。


美少女

「一人暮らしのフリーターって扶養はどうなるのかな?
税金関係も良くわからない…。
でも、一人暮らしに必要な情報は知っておきたい!」


このような疑問には、以下の記事で回答しています。

関連記事
一人暮らしのフリーターって扶養はどうなるの?税金関係もまとめます!


以下は、この記事の概要です。



一人暮らしのフリーターが気にするべき扶養の壁は2つある。

一人暮らしのフリーターが気にするべき扶養の壁は、2つあります。

  • 103万円の壁…所得税を払わないといけなくなる壁
  • 130万円の壁…社会保険料を自分で支払わないといけなくなる壁


この2つの壁を意識する必要があります。



一人暮らししたら強制的に扶養から外れるの?

結論から言うと、収入が扶養の範囲内であれば、住民票を移さない限り扶養から外れることはありません。


ただ、年収で103万円以上稼いでしまうと、所得税はしっかり発生してしまうので注意が必要です。



一人暮らしのフリーターに関わる税金や保険について

一人暮らしのフリーターに関わる税金や保険には、以下のようなものがあります。

  • 年収103万円以上かかる所得税。
  • 年収が約100万円以上でかかる住民税。
  • 国民年金
  • 国民健康保険
  • 社会保険と厚生年金


このあたりを意識しておく必要があります。


詳しくは上記の記事に記載してあるので、参考にしてみて下さい。




一人暮らしのフリーターでも出来る貯金方法は?急な出費に必要な貯金額も紹介!


美少女

「急な出費に備えるためには、どのぐらい貯金があれば安心なの?
一人暮らしのフリーターでも出来る貯金方法を知りたいな!」


このような疑問には、以下の記事で答えています。

関連記事
一人暮らしのフリーターでも出来る貯金方法!急な出費に必要な貯金額も紹介!


以下は、記事の概要です。



備えておくべき貯金額は?

結論から言うと、一人暮らしのフリーターが備えておくべき貯金額は、大体50万円前後です。


上記の記事で、急な出費の種類と平均額を考慮して考えた結果、大体50万円程度の貯金があれば、大抵の状況に備えることが出来るということが分かりました。

一人暮らしのフリーターでも出来る貯金方法

一人暮らしのフリーターでも貯金できる方法は以下の通りです。

貯金方法

  • 徹底した節約をする。
  • 給料日に、貯金したい金額をあらかじめ別口座に移しておく。
  • 副業を始める。
  • 積み立てするタイプの投資をする。


このような方法を利用すると、効率よく貯金することができます。


それぞれの内容については、上記の記事で詳しく解説しています。



フリーターの一人暮らしにかかる費用はいくら?女性の例もシミュレーション!


美少女

「フリーターが一人暮らしをするとき、全部込々でいくらぐらいかかるのか知りたいな!
何かとお金がかかる女性の場合での費用もシミュレーションして!」



このような要望には、以下の記事で男女別に答えています。

関連記事
【概算】フリーターの一人暮らしにかかる費用を計算!女性の例も紹介!

以下は記事の概要です。



女性の場合の費用のシミュレーション

考えた結果、女性の場合、一人暮らしを始めるために必要な初期費用は約68~83万円、生活費は月々約14万5千円~20万円程度が必要なようです。


オートロックなどで男性と比べて家賃が高くなりやすい事、美容費や被服費が高めになるという特徴があります。
また、男性には無い化粧品などの女性特有の出費もあるので、私生活でお金が必要になる頻度が高いという特徴もあります。


初期費用に関しても、男性以上にインテリアにお金がかかるなどの理由で多少高めになってしまうようです。



男性の場合の費用のシミュレーション

男性の場合、一人暮らしを始めるために必要な初期費用は約52~67万円、生活費は約11万5千円~12万5千円程度になるようです。


男性の場合は、化粧品の類が必要無い所、家賃も低めで問題ない所などで、生活費も若干安めになっています。





フリーターで一人暮らしするのは厳しいと思ったら、正社員に転職するのもアリ!

ここまでで、一人暮らしのフリーターに関するお金の悩みについて紹介してきました。


ただ、シミュレーションや収入の記事でも触れたとおり、「普通の生活」をしたいのであれば、毎月15万円程度は額面で欲しいところです。


これが厳しいと思うのなら、いっそのこと正社員を目指して転職してしまうのもアリかもしれません。


第二新卒や既卒の人向けの転職エージェントのおすすめは、「マイナビジョブ」です。

>>マイナビジョブのホームページはこちら



めちゃくちゃ有名なサービスですよね。
マイナビは全て無料で使えます。


就活したいなら、登録しておいた方が良いでしょう。


ここなら安心して就職先を探すことが出来るので、少しでも「正社員を目指してみたい」と思うのなら、登録して色々探してみるのもアリだと思います。





まとめ

今回は、一人暮らしをしようと思っているフリーターが悩みそうなお金関係の情報をまとめました。


収入や生活費、税金のことなど色々と心配なことはあるかと思いますが、やってみたいと思っているのなら一人暮らしもやってみた方が良いと思います。


月に15万円程度の額面があるなら十分可能ですし、節約次第では月に10万円以下での一人暮らしも十分に可能です。
当記事が何かの参考になれば幸いです。


-フリーター

© 2021 イキルブログ2 Powered by AFFINGER5