フリーター

フリーターで居るのが死にたくなる程辛い時のたった1つの対策とは?

美少女さん

「フリーターで居るのが死にたくなる程辛い…。何とかしたいんだけどどうすれば良いのかな?」

天職ちゃん

今回はこんな悩みに答えます。


本記事の内容

  • フリーターで居ると死にたくなるほどの劣等感を感じる理由
  • フリーターのメリットとデメリットを解説
  • フリーターでいるのが死にたくなる程辛い時のたった一つの対策について


フリーターとして働いていて、劣等感を感じている人は居ませんか?


自分の仕事に誇りを持ちつつ働いている人も居るかもしれません。


でも、中には死にたくなる程の劣等感を持ってしまい、苦しんでいる人も居るかもしれません。


そこで今回は、フリーターで居るのが死にたくなる程辛いという人のために、効果的な対策を紹介しようと思います。
ではいきましょう。



フリーターで居ると死にたくなるほどの劣等感を感じる理由

フリーターで居ると、死にたくなるほどの劣等感を感じる理由には、以下のようなものがあります。

  • 収入が少なすぎるから。
  • ニートと同じような扱いを受けるから
  • 人に言いづらいから。


詳しく見ていきましょう。



収入が少なすぎるから。

劣等感を感じる一つ目の理由は、フリーターの場合、収入が少なすぎるからです。

  • 正社員の平均年収:約503万円
  • フリーターの平均年収:約175万円

引用元:民間給与実態統計調査


このように、年収で見てもかなりの差があります。

  • ボーナスが無い
  • 基本時給が安い
  • 仕事が不定期だったり、急に無くなったりもする。


このような条件で働くことになるので、どうしても収入は低くなってしまうんですよね…。


収入が低いと、友人間でも差を感じたりすることもあるので、かなり辛いですよね。



ニートと同じような扱いを受けるから

劣等感を感じる二つ目の理由は、ニートと同じような扱いを受けるからです。

美少女さん

フリーターはしっかり働いてるんだからニートとは違うのでは?


と思うかもしれませんが、世間はそうは思ってくれません。


世の中では、意外と「フリーター=ニート」のように思っている人は多いです。


「遊んでいる」「ふらふらしている」という印象が強いのでしょうね。


実際には普通に働いているので、文句を言われる筋合いはないような気もします。


ですが、「真面目に生きていない」と言う風に思われるのは、結構辛い事です。


そのため、フリーターとして働いている現状が死ぬほど辛い…と思ってしまっている人も多いでしょう。



人に言いづらいから。

劣等感を感じる三つ目の理由は、人に言いづらいからです。


フリーターでいると、自分の職業を自信を持って相手に伝えられないということがあります。


「どんな仕事してるんですか?」と聞かれた時に「えーっと…サービス業です…」みたいな感じでぼかして答えてしまった経験がある人って多いと思います(笑)


あれって潜在的に「自分のやってることは人に言いづらい事なんだ…」と思ってしまっているんですよね。

美少女さん

自分のなかで引け目を感じているのが言いづらい原因なんだね…。



このように、人に言いづらいというのも、劣等感を感じる原因になってしまっています。



フリーターで居るメリットとデメリット

フリーターで居るメリットとデメリットについてまとめておきます。


フリーターで居るのが辛い…と言う人にはデメリットばかりが目に映ると思います。


でも、実際にはメリットもしっかりあるので、そのあたりを紹介しておきますね。



フリーターで居るメリット

フリーターで居るメリットは以下の通りです。

フリーターでいるメリット

  • 時間に余裕がある。
  • 半隠居生活が出来る。
  • サラリーマンよりも精神的に楽
  • 副業にも挑戦しやすい。


このようなメリットがあります。


フリーターのメリットの中でも特に大きいのが、時間に余裕が出来る事です。


フリーターには正社員に比べて多くの時間があります。
その時間を有効活用することで幸福度の高い生活をすることも出来ます。


また、精神的な負担も少ないというメリットもあります。



フリーターで居るデメリット

フリーターで居るデメリットは以下の通りです。

フリーターのデメリット

  • 世間体が悪い。
  • 収入が少ない。
  • 結婚のハードルが高くなる。
  • 将来的に生活が厳しくなる。


このようなデメリットがあります。


フリーターで居続けることのデメリットの中でも特に大きいのが「将来性の無さ」です。


通常の正社員なら、勤め続けるうちにスキルが身に付き、昇給もしていきます。


対してフリーターの場合、同じことばかりをするので、スキルはあまり伸びない傾向にあります。


それに、昇給もほとんど無いので、一生変わらない給料で働き続けることになります。


このように、将来性が無いことがフリーターで居ることのデメリットと言えます。



フリーターでいるのが死にたくなる程辛い時のたった一つの対策

美少女さん

フリーターで居るのは辛い…。何かいい対策ってないのかな?


結論から言うと、一つだけ状況を好転させる対策があります。


それが、「正社員になってしまうこと」です。

美少女さん

正社員になれたら苦労しないんだけど…。



こう思うかもしれませんが、それは転職活動の仕方が悪いからかもしれません。


フリーターから正社員への転職を目指す際には、自力で転職活動を行うのはお勧めできません。


理由は以下の通りです。

  • 正社員経験が無い場合、求人の探し方も分からないと思うから。
  • 自分の意見で求人を探すと、あまりにも現実離れした求人の選考ばかりを選んでしまうから。
  • 今までダメだったのなら、そのやり方ではいけないことの証明になるから。


このように、自力で就職しようと思っても、上手くいかないことが多いです。


そのため、フリーターが正社員になろうと思ったら「転職エージェント」で相談することが望ましいです。


転職エージェントに相談するべき理由は以下の通りです。

  • アドバイザーと相談して選んだ求人のほうが、選考に通る可能性は高くなるから。
  • 面接の練習などにも付き合ってくれるから。
  • 必要書類の準備や面接日時の決定など、面倒な所も受け持ってくれるエージェントも多いから。
  • 単純に複数人で就活をしたほうがやる気が出るから。


このような理由があります。


転職エージェントを利用すれば、最終的には高確率で内定を貰うことが出来ますよ。


そうなれば、晴れて正社員の仲間入りです。

美少女さん

でも、どのエージェントを利用すれば良いのかが分からない…。



こういった人はかなり多いと思います。


そういった人のために書いた記事が以下の記事です。

関連記事
【解決】フリーターが使うべき転職エージェントはこれ1つだけで十分です。


この記事では、本当におすすめな転職エージェント「一つだけ」紹介しています。


どのエージェントを利用すれば良いのか迷わないようにしているので、参考にしてみて下さいね。



まとめ

どうしてもポイントサイトで稼ぎたい人

今回は、フリーターで居るのが死にたくなる程辛いという人に向けて、辛さの原因や対策を紹介しました。


この劣等感を無くすためには、「正社員になってしまう」しか方法はありません。


そのため、現状が辛いなら転職活動を頑張って、正社員になれるように努力してみると良いでしょう。


無理して目指す必要はありませんが、無事正社員になれれば劣等感はかなりマシになります。


それに、将来的にも安定するので、一度頑張ってみる価値はあると思いますよ!
この記事が参考になれば幸いです。



-フリーター

© 2021 イキルブログ2 Powered by AFFINGER5