職場や仕事

会社に行きたくない!朝起きれない時の対処法!【実体験あり】


美少女

「会社に行きたくない…!最近朝起きれないことが増えてきた。何とかならないのかな?」


こんな疑問に答えます。


嫌なことが続くと、会社に行きたくないな…と思ってしまう事もありますよね。


そんな状態でずっと過ごしていると、だんだん朝起きることが苦痛になってきてしまいます。起きてしまったら今日が始まってしまいますからね…。


今回は、会社に行きたくないせいで朝起きれなくなってしまった時の対処法を紹介します。


私も実際に通ってきた道なので、苦しさは良く分かります…。


ではいきましょう。


筆者について

私は社交不安障害と診断され、約半年の休職期間を経て会社を退職しました。
「会社行きたくない」状態については一通り経験しているので、かなり参考になると思います。


会社に行きたくないと朝起きれない状態になるのはマジ。

会社に行きたくない状態が続くと、だんだん朝起きるのが億劫になってきます。


これがだんだん悪化していき、気が付くと明確に苦痛に感じるようになります。


私も新入社員として就職してしばらくした時から、朝が非常に辛くなってきました。
体が疲れているとかそういうのではなく、寒気がするというか、とにかく嫌な感じがするんですよね…。


たちが悪いのが、だんだん悪化してくという事です。


悪化すると「今日はマジで無理…会社行けない…」というぐらい萎えた気分になってしまいます…。


毎朝こんな状態ではキツイので、何とか対策したい所ですよね…。




会社に行きたくないせいで朝起きれない時の対処法3選

会社に行きたくないせいで朝起きれないという場合、何とかして対処する必要があります。


放っておいても悪化するだけですからね…。
今回は、状況を良くする3つの対策を紹介します。



その日だけ有給で休む。

一つ目は、朝起きれずに辛い思いをしたら、その日だけは休んでしまうというものです。

※これは、「一日休んだら翌日は出社できそうだな」という時にだけ有効な方法です。


こんな時は思い切って有給を使ってしまい、休みにしてしまいましょう。


そしてその日はゆっくり好きなことをして過ごし、翌日に備えましょう。


きっと会社で嫌なことがあったからこそ朝が辛くなってしまったのでしょう…。
一日中ゲームをしたり、色々考えたりしながら気持ちに整理を付けましょう。


もし、翌日も会社に行けそうにないなら、次の段階の対策に進みましょう。



長い間その状態が続いているなら、休職を考える。

二つ目は、休職を考えるということです。


もし、数日にわたって、朝が辛く出社するのが苦痛な場合、その場しのぎで休んでも意味が無いかもしれません。
精神的にきつくなってしまっていると思います。


ここまで来たら、おそらく放っておいても良くなることは無いでしょう。
仕事が合わない事や人間関係の理由などから、かなりのストレスを受けているんでしょうね。


そういう時は、長期的に休むのもアリだと思います。
毎日が苦痛で仕方がないという時は、休職という手段を取ってみても良いかもしれません。


ただ、私個人としてはあまりお勧めしません。


休んだところで、会社そのものにストレスや恐怖を感じてしまっているので根本的な改善にはならないからです。




会社を辞める。

三つ目は、会社を辞めるというものです。
根本的にストレスを解消する対処法は、実はこれしかありません。


ただ、これにはかなり大きな決断が必要になるでしょう。


今まで色々なことを乗り越えて会社に入社したはずです。
その環境を「会社にいるのが辛くて朝起きるのも辛くなってきたから」という理由だけで辞めるのは、ちょっと厳しいかもしれません。


ただ、だからといってこのままストレスを感じたまま仕事を続けるのも厳しいと思います。


いずれ会社を辞めるなり転職するなりしないと、一生今の状態が続くことになります。


そう考えると、もしかしたら今が人生の転換期なのかもしれませんね…。


一度よく考えてみましょう。




会社に行きたくない!朝起きれない…。でも、辞めるのにも勇気が必要

会社に行きたくないからと言って、簡単に辞めるのは難しいでしょう…。
会社を辞めるにはかなりの勇気が必要です。


それには、主に二つの理由があります。

  • お金の不安
  • 恐怖で「辞めます」が言えない。


この2つが理由です。
詳しく解説します。



お金の不安

一つ目はお金に関しての不安です。


会社を辞めるということは、収入源を失うということです。
日本で生きていく以上、お金が無いという状態は致命的です…。


会社を辞めるということは、そんなヤバい状況に自ら身を投げることになってしまいます。
そのため、お金が理由で会社を辞めたくても中々やめられないという人は多いのかもしれません。


ただ、実際には会社を辞めたからと言って、絵にかいたような転落人生を歩むとは限りません。
アルバイトでもしていれば、全然生きていけます。


以下の記事でも、フリーターとして生活する概算をしています。

関連記事
【概算】フリーターの一人暮らしにかかる費用を計算!女性の例も紹介!



それに、最悪一時的にニートになるのもアリでしょう。
私も一時的に何もしていない時期がありました(笑)


一旦世間の言う「普通」から抜け出して、体と心が慣れてきたらまた正社員を目指すのも良いかもしれません。


世の中には色々な生き方があるので、今の生活に苦痛を感じるぐらいなら、思い切って一歩踏み出してみてもいいのではないでしょうか?




【これが深刻】「辞めます」が言えない…。

会社を辞めるのに勇気が必要な二つ目の理由がこれです。


イメージしてみて下さい。
自分の上司に、「会社に行くのが辛くて朝も起きられないので辞めます…」と伝えるところを…。


考えるだけでゾッとしますよね!


お金のことや両親とのことなど、会社を辞めるに辞められない理由は何かとありますが、正直な所これが一番キツイのでは無いでしょうか?


仮にもお世話になった(笑)上司に向かって、「辞めたい」と告げるのは非常に、メンタル的に厳しいでしょう。


今の段階で朝も起きられないほど気分が沈んでいるのに、それに加えて辞める意思を伝えるなんて正直無理ゲーです。


この「辞めるためのハードルの高さ」も、会社を辞められない理由になっています。




会社に行きたくないなら絶対に退職代行で辞めたほうが良い。

会社に行きたくないなら、絶対に退職代行で辞めたほうが良いでしょう。


これには理由があります。
結論から言うと、私が退職代行を使わずに自力で辞めようとして後悔しているからです。


これについては以下の記事を参考にしてください。

参考記事
おすすめの退職代行サービス3選!罪悪感は毒なので今すぐ逃げましょう。


要点をまとめると、自力で辞めようとした結果約半年も休職扱いになり、色々と面倒事が起きたからです…。


もし退職代行を利用していれば、簡単に辞められていたと思うと、時間と精神力を無駄にした気持ちでいっぱいです。


退職代行サービスを利用することは悪い事では無いので、会社に連絡するのが辛いという時には積極的に利用したほうが良いですよ。

>>100%会社から脱出したいなら【退職代行NEXT】




会社に行きたくない!朝起きれない時の対処法:まとめ

今回は、会社に行きたくなくて、朝起きれないという時の対処法を紹介してきました。


一日休んで改善するなら休んだ方が良いですが、実際はそうもいかないと思います。
本当にダメだと思ったら、心を壊してしまう前に会社を辞めるなり転職するなりしたほうが良いと思います。


退職代行などの便利なサービスもあるので、積極的に利用していきましょう。



-職場や仕事

© 2021 イキルブログ2 Powered by AFFINGER5