職場や仕事

おすすめの退職代行サービス3選!罪悪感は毒なので今すぐ逃げましょう。


美少女

「会社に行くのが辛い…。
正直会社を辞めたいけど、上司が怖くて辞めるとも言いずらい…最近話題の退職代行を使って辞めちゃいたいな。
でも、やっぱり円満退職を目指して自分から伝えるべき?」


こんな悩みに答えます。


読者さんへの前置き


本記事は以下の順番で解説していきます。

  • ①おすすめの退職代行サービスを3つ紹介。
  • ②退職代行は使うのはアリなのか?
  • ③退職代行を使わなかったことを後悔している私の話。
  • ④何も言わずに辞める罪悪感について。




この記事を読むことで、「退職代行という選択肢があるにもかかわらず、罪悪感などの理由で利用できない…」という状況から抜けだす事ができます。


もしかしたらこの記事を見つけたことが、人生を大きく変える転換点になるかもしれないので、最後まで読んでみてください。



美少女
もう今すぐにでも退職したい!限界だよ…!



今すぐ退職したい人は、退職代行ガーディアンに問い合わせてみましょう。


「もう限界だから今すぐ会社を辞めたい!」という時には、退職代行ガーディアンに問い合わせて、退職代行を依頼すると良いですよ!


後ほど紹介しますが、安全面や料金とのバランスが良く、とりあえずすぐにかつ安全に辞めたいという状況なら一番おすすめです。


代行の成功率は100%なので、安心して退職することができますよ。

>>退職代行ガーディアンで今すぐ退職する!





【状況に合わせて選ぼう】おすすめの退職代行サービス会社3選!

最初におすすめの退職代行サービスを3つ紹介します。


以下の3つがおすすめの退職代行サービスです。

  • 退職代行NEXT:弁護士が代行を受け持ってくれるため、非常に安心。
  • 退職代行ガーディアン:料金は一律29,800円で、別途費用が一切発生しないという圧倒的な安さ。
  • 男の退職代行:男性限定の代行サービス。アルバイト・パートだと値引きがある。


この中から選んでもらえれば、正直どの会社でも大丈夫ですよ!
詳しく見ていきましょう。




とりあえず今すぐに辞めたいなら『退職代行NEXT』

一つ目は退職代行NEXTです。


退職代行NEXTは、弁護士が代行をしてくれるので、完全に合法的に会社を辞めることができます。
※弁護士以外の人や、相応の資格を持っていない人が退職代行を受け持っている会社もあるので注意しましょう。


料金もリーズナブルで、30,000円~となっています。


相談は完全無料、連絡回数に制限はなく、電話やメール、lineで簡単に依頼することが出来ます。
もし万が一退職できなかった場合、全額返金して貰えるので、サービスとしての自信が伺えますね。


退職以外の交渉サービスもあります。
料金と信頼性のバランスがとても良い退職代行サービスです。


(例)以下のようなサービスがあります。(一部有料です)

  • 未払い給料の請求
  • 残業代の請求
  • 退職金の請求
  • 残っている有給の消化
  • その他色々

>>退職代行NEXTで今すぐ会社から脱出する!



出来るだけ安く辞めたいなら『退職代行ガーディアン』

二つ目は、退職代行ガーディアンです。


正直、イチオシはこの退職代行ガーディアンですね。


退職代行ガーディアンは、先程の退職代行NEXTとは違い、労働組合法人が運営している退職代行サービスです。


退職代行ガーディアンの強みは、一般法人と弁護士が持つ強みを唯一両方とも持っている点にあります。
そのため、一般法人と同じように低単価かつ弁護士と同じような安心感の両方を兼ね備えています。


365日対応で、全国どこでも対応可能というのもとても便利で、「辞めたい!」と思ったらすぐに依頼できるのも嬉しいですね。


料金は一律29,800円で、別途費用が一切発生しないという圧倒的な価格を実現しています!


退職代行NEXTは条件によって料金がブレるのに対し、退職代行ガーディアンは料金が一切変わらないというのはかなりのメリットですね。


各種メディアにも取り上げられている有名なサービスなので、とにかく安く済ませたい場合には、退職代行ガーディアンを選ぶと良いと思います。

>>退職代行ガーディアンはこちらから




男性なら『男の退職代行』

三つは、男の退職代行です。


これはちょっと変わった代行サービスで、男性の退職に特化した退職代行サービスになっています。


法的に認められた労働組合が退職代行サービスを行うため、安心して依頼できます。


退職できない場合、全額返金保証があるのは当たり前で、JRAAという優良退職代行サービス事業者にのみ与えられる認証もあるので、信頼感もあります。


さらに、アルバイト・パートの退職代行だと料金が下がるというメリットもあります。

料金は以下の通りです。

  • 正社員・契約社員など…29,800円(税込)
  • アルバイト・パート…19,800円(税込)

値段も安いので、男性の場合はかなりおススメです。


>>男の退職代行はこちら





退職代行を使うのはアリなの?それとも円満退職を目指して自分から伝えるべき?

結論から言うと、退職代行は積極的に使ったほうが良いと思います。


たった数万円の代行料金で退職にまつわる面倒ごとを引き受けてくれ、さらに自分から上司に「辞めます」という宣言をする必要もなくなるからです。


退職代行を使ってでも辞めたいということは、会社に対してそれなりにストレスを感じているんだと思います。


私がそうだったので分かりますが、自分で上司に退職の意思を伝えるのはとても高い壁になっていますよね…?


この壁が無くなるのは、正直お金には代えられないぐらいのメリットだと思います。


それ以外にも、代行会社によっては有給の消化や残業代の請求など、自分ではけむに巻かれてしまいそうなこともしっかりケリをつけてくれるというメリットがあります。




退職代行のデメリット

ただ、退職代行を使うデメリットも当然あります。
退職代行は、確かに会社を辞めたい人にとっては便利なサービスです。


でも、自分で会社に退職の意思を伝えないということは、会社からしてみれば、「急に訳の分からない会社から自社の社員の退職を告げられる」という状況になってしまうため、円満退職は難しくなってしまいます。


美少女

自分で辞めると宣言する訳じゃないから、会社側は嫌な雰囲気になるかもね…。



これを危惧して、円満退職のために退職代行を使わず、自分で伝えなきゃ…と思い悩んでいる人が非常に沢山います。


でも、そんな人に言いたいのですが、正直自分で退職の意思を伝えたところで普通に拗れますよ?


なんなら、過剰な引き留めに合ったり、脅されたり、そもそも受理されなかったり、お金が未払いのまま退職させられたり…と色々な問題が当たり前のように発生します。


退職代行なら、こういった面倒ごとをすべて切り捨てることが出来るので、私はむしろ積極的に利用したほうが良いと思います。


美少女

会社よりも個人の方が弱いからね。



なんなら自分で退職の意思を伝えられそうな人でも、敢えて退職代行を使ったほうが良いんじゃないかと思うぐらいです。






「退職代行を使えばよかった…」と後悔している私の話。【結構余談も挟まってます】

ここで、退職代行を使わずに会社を辞めて後悔している私の話をしておきます。


「興味ねぇわ!」と思う人はスキップしてください。




私が会社を辞めたかった理由。

まずは、私が会社を辞めたかった理由についてです。


ちょっと考えてみた所、以下のような理由があったように思います。

  • 上司との相性が悪かった。
  • 仕事内容が嫌いだった。
  • 残業時間や、先輩の待遇を見ての不安・絶望。
  • 趣味である散歩すら思うように出来ない。
  • 総合病院で社交不安障害と診断された。(電話で一言もしゃべれないなどの症状も出た…。)


中でも一番苦しかったのが、最後の社交不安障害です。


これに関しては昔からだったのですが、人に言われた事とかをとても長い間引きずるんですよね…。
吃音のような症状が出るのもキツかったです。


最終的には「ありがとうございます。」や「遠藤さん」のような特定の言葉が発声できないという状態になり、電話で一言もしゃべれないという状況まで悪化しました。


社交不安障害以外にも、上司の人がとても変わった人で、暴言を暴言とも思わない発言を繰り返したり、会社の待遇への不安などもあったりと、色々な要素が重なって、「会社を辞めたい…」と思っていました。


このあたりが、私が会社を辞めた理由になります。




会社を辞めようと思った時の私の一連の行動(笑)【スキップしても良いよ(笑)】

会社を辞めたいと思うことは沢山ありました。


でも実際には、すぐに会社を辞める決断も出来ず、ズルズルと粘っていました。
お金の問題よりも、メンタル的に辞めるという決断が出来なかったんですね。


この時期はお酒が手放せず、今の2倍ぐらい毎日飲んでいて、毎朝軽い二日酔いでした…。


でも、何事にも終わりがあります。
そんな絶望まみれの毎日が続いたある日曜日の深夜、ついに限界が来ました。


もう会社にはいけないなというのが本能的に分かりました。


両親に「限界が来た」とだけ告げ家を飛び出し、徒歩で一時間ぐらい歩いてネットカフェに駆け込みました。
※私は実家暮らしです。


なぜか家にはいられませんでした。
このネットカフェでシャワーを浴び、ノートとペンを買って、今後の計画を考えました。


その時のメモは無くしてしまったのですが、確かこれから先の生き方について真剣に考えてました。
お金の稼ぎ方や、税金はどうするかとか、実家にいるための説得方法とかですね(笑)


こんなことを考えながら、その日は少しだけ寝て、朝を迎えました。
翌日の朝、月曜日なので会社がありますが、私はもう行く気はありませんでした。


というか行けないので、最後の力を振り絞り、会社に電話をかけて体調不良で休むとだけ伝えました。
この日はネットカフェを出た後、行くあてもなく夜まで堤防とかを歩き回っていた記憶があります。


そのあと自宅に帰り、家族会議的な事をして、辞めることを伝えました。
翌日精神科に行き、正式に社交不安障害という診断を取り、改めて会社に連絡しました。


これが、私が会社を辞めようと思った時の一連の行動です。
文章にしてみると、かなり意味わからないことをしていますね(笑)




なんで退職代行を使わなかったことを後悔しているのか。

本題です。
なぜ、退職代行を使わなかったことを後悔する羽目になったのでしょうか?


一連の行動の中で、しっかり会社に連絡できていますよね…?


これにはいくつか理由があるんです。

後悔した理由

  • 結局半年辞められなかった。
  • 休職扱いになって、会社から連絡が来るたび緊張&動悸で辛い。
  • 復帰できない理由探しでキツい。
  • 「○○(名前)社員の復帰までのプログラム」という恐怖の資料が届いた。


こんなことがありました。


社交不安障害の診断が出たタイミングで、限界なんだということを会社に伝えましたが、「じゃあ一旦休職にしよう」とのことで、休職になりました。


美少女

いきなり説得されちゃった(笑)



本当はすぐに辞めたかったのですが、持ち前のメンタルの弱さで強くは言えず、初めは一か月の予定だったのが、結局半年間も休職することになってしまいました…。


その間にも、早朝に電話が来てびっくりしたり、「○○(名前)社員の復帰までのプログラム」という受診先の病院を勝手に決められた復帰までの道筋が書かれた資料が届いたりと、色々とストレスを増幅させられることが立て続けに起こりました。


※復帰までのプログラムに関しては、最終的には今通っている病院以外の所に行くのが辛いと言い訳して難を逃れました…。


もし最初に退職代行で辞めるという選択肢を選んでおけば、こんなことで悩むことも無かったと思うと、かなり後悔しています。


当初から退職代行のことは知っていたので、決断できなかった自分を恨みました。
もし今後、同じような機会があれば、間違いなく代行を使うでしょう。


自分で退職の意思を伝えてしまったせいで、精神的にも時間的にも非常に嫌な思いをしました…。


今会社を辞めたいと思っている人で、引き延ばしなどをきっぱり断れる自信がない場合、私を反面教師にして最初から退職代行を使って欲しいと思います。

>>退職代行ガーディアンで今すぐ退職する!






でも退職代行を使うのは罪悪感がある?罪悪感なんて持つ必要ないよ。

退職代行を使うのはちょっと…。と思ってしまう原因が、「罪悪感」です。
私もこれが理由で自分で伝えるというミスをしてしまいました。


会社が嫌だったとはいえ、社会人として辞める時ぐらいは自分の口から言うものだ…。
という認識を持っている人は多いと思います。


美少女

こういう考えの人って本当に多いよね…。



なんなら、いきなり辞めるというと会社に迷惑がかかるので、「数か月前には言っておくべきだ」なんて考え方をしている人も居るかもしれません。


でも、退職代行を使おうか迷っているということは、会社によって受けたストレスが原因で辞めたいという事ですよね?


断言できますが、会社を退職代行で辞めるのに罪悪感なんて持ってはいけません。


今まであなたが受けてきたストレスを生み出したのは会社です。
ここで罪悪感を持って自分の口から言おうなんて思ってしまうと、今以上のストレスを負わされることになります。


今まで会社があなたにしてきた仕打ちは、あなたが退職代行で辞める以上の事だったんですよね?
※そもそも退職代行で辞めるのは別に悪い事ではありませんが…。


だとしたら、会社に対して罪悪感なんて持つ必要はありません。
粛々と退職の手続きを踏んでしまえばいいのです。


むしろ、そういった行動が良い薬になる可能性すらあります。


「社員を雑に扱うとしっぺ返しを食らうから、もう少し改善しよう。」
という風に、良い影響を与える可能性もあります。


そうすれば、同僚や会社に残っている人たちにとっても、環境が良い方向へと変化していくかもしれません


泣き寝入りは加害者と一緒です。
やられたらやり返すの精神が大切ですよ!


それに、罪悪感は自分よりも弱いものに対して抱くべき感情です。
会社は自分より圧倒的に強いですよね?


自分一人が居なくなったところで、上司は「困るよ」とは言うかもしれませんが、実のところほとんど影響は無いんです…。


すぐに持ち直すことができます。
社員の代わりなんていくらでも居ますからね。


なので、会社なんて巨大なものに対して、辞め方一つで罪悪感なんて持つ必要は無いですよ。




今すぐ会社を脱出したい人は「退職代行」を使うべき!罪悪感は毒だということについて:終わりに

今回は、私の経験も交えて退職代行を利用したほうが良いということを話しました。


代行を利用することに罪悪感を持つ必要はありません。
自分のことを第一に考えて行動しましょう!

 

-職場や仕事

© 2021 イキルブログ2 Powered by AFFINGER5