職場や仕事

会社の雰囲気が合わない時の3つの対策【基本的に逃げるが勝ちです】


  • 「会社の雰囲気が合わない…。」
  • 「職場の空気感に馴染めなくてキツイなぁ…。」
天職ちゃん

今回は、こんな悩みに答えます。

本記事の内容

  • 雰囲気の合わない会社で働き続けるデメリットとは?
  • 会社の雰囲気が合わない時の3つの対策を紹介
  • 一番おすすめの対策を解説

 


会社に入社したは良いけど、「会社の雰囲気に馴染めなくて辛い…」こんな風に思っている人も居ると思います。


自分の性格に合ってない社風だったり、人間関係が悪かったりすると、今のまま働き続けるのは結構辛いですよね?


そこで今回は、会社の雰囲気が合わない時に出来る対策を3つほど紹介しようと思います。



先に結論を言ってしまうと、一番おすすめな対策は「転職」をすることです。


既に「もう限界だから一刻も早く脱出したい」という人は、「転職エージェントのおすすめランキング」から好きなサービスを選んで、転職活動を初めてみると良いでしょう。


では早速解説していきます。



雰囲気の合わない会社で働き続けるデメリット

まず最初に、雰囲気の合わない会社で働き続けるデメリットを解説します。


既にデメリットについては、身をもって体感している人が多いと思いますが、一度整理しておきましょう。


以下のようなデメリットが存在します。

  • ストレスを受け続けることになるので、精神的に病みやすい。
  • やる気も出ないので、時間だけが無駄になる。
  • 長く続けることは困難なので、半端なタイミングで退職する羽目になりやすい。
  • 単純に楽しくないから。

このようなデメリットが存在します。


とにかく、ストレスがかかるというのが一番のデメリットですね。


雰囲気の合わない環境で無理をして働くのは、精神衛生上良くないので、一刻も早く対策する必要があります。


次の章で紹介する対策を実行して、状況を改善していきましょう。



会社の雰囲気が合わない時の3つの対策【基本的に逃げるが勝ちです】

美少女さん

会社の雰囲気が合わない時って、どんな対策をすればいいのかな?

天職ちゃん

以下の3つが有効な対策になります。

対策方法

  • 部署を変えてもらう。
  • 割り切って仕事をする。
  • 転職活動をして会社を変える。


詳しく見ていきましょう。

部署を変えてもらう。

部署を変えてもらうのは、かなり有効な対策になると思います。


今の会社の雰囲気が合わないと言えども、部署を変えれば全く別の環境になりますからね。


実際、営業と技術部では仕事に対する考え方や温度差があったりしますよね。


そのため、部署を変えてもらうことで、もしかしたら自分に合った環境に移れるかもしれません。


ただ、部署を変えてもらうという対策には一つ大きな欠点があります。


それが、「部署異動を願い出ても、通ることは稀」という点です。


実際、今の部署にあなたが居るのは、会社の上層部が真剣に考えた結果「ここがベスト」と判断されたからです。


それを、「なんか雰囲気が合わないから移動させて欲しい」と言ったところで、その要望が通る可能性は低いのは容易に想像がつくと思います。
会社の都合を度外視してしまっているからですね…。


そのため、部署を変えてもらうこと自体は有効だと思いますが、あまり期待はしないほうが良いかもしれませんね。



割り切って仕事をする。

割り切って仕事をするのも、一つの対策だと思います。


「ちょっと会社の雰囲気がなぁ…」程度の場合、あまり過度な対策はする必要は無いでしょう。


無理に部署異動などをして目立ってしまうと、余計に居づらくなる可能性がありますからね。


そのため、「自分は○○のために働いているから、それ以外は多少煩わしくてもいいや」と、割り切って働くと良いかもしれません。


仕事は仕事、プライベートはプライベートと分けてしまえば、気持ちも安定しやすいですよね。

美少女さん

多少の雰囲気の合わなさ程度なら、変に環境を変えたりしないほうが良いかもね!



転職活動をして会社を変える。

転職活動をして会社を変えることも、有効な対策になります。


会社ごと変えてしまえば、雰囲気が合わないという問題は根本から解決することが出来ますからね。


事実、「雰囲気が合わない」という理由で退職する人は、退職者の10%程いるようなので、決して珍しい理由ではありません。


※実際には、色々な要因が合わさって退職することになるので、「雰囲気が合わないこと」が退職する理由の一部になっているという人は、もっと多いと推測できます。


それに、単に退職するだけでなく、転職をするので、ニートになってしまうようなことも無いでしょう。

天職ちゃん

転職活動が上手くいかなかったら、今まで通り働き続ければいいだけですからね。


そう考えると、リスクも非常に少ない対策方法だと言えます。


そのため、転職活動をして、会社を変えてしまうという対策は、一般的かつ、かなり有効な対策であると言えます。



雰囲気の合わない会社なら、転職をするのが一番おすすめな理由。

今回は3つほど、会社の雰囲気に合わない時の対策を紹介してきましたが、その中でも一番おすすめなのは「転職」をすることです。


理由は以下の通りです。

転職が一番おすすめな理由

  • 唯一、根本的に問題を解決できる方法だから。
  • 即効性があり、かつ確実に問題を解決できるから。
  • 場合によっては、今以上に収入が増えることも考えられるから。


このような理由があるので、転職をするという方法が、一番おすすめだと言えます。


確かに転職と言うとかなりハードルの高いイメージがありますが、今の時代、特に珍しい事でもありません。


サラリーマンの約半数が、一度は転職すると言われている時代ですからね。


現状、雰囲気の合わない会社で消耗しているのなら、思い切って挑戦してみる価値は、十分にあると思いますよ!



転職活動をするときには、転職エージェントを使うべき理由

転職活動をする際には、転職エージェントを利用するのがおすすめです。


そもそもですが、転職系のサービスには、「転職サイト」と「転職エージェント」の2種類があります。


それぞれ特徴は以下の通りです。

  • 転職サイト:自分で求人を探し、応募も自分で行う。自分のペースで転職活動出来るのが特徴。
  • 転職エージェント:キャリアアドバイザーにアドバイスを貰いながら、求人を紹介して貰える。履歴書の転職や面接練習なども行ってくれる。


どちらも、それぞれメリットがありますが、筆者は転職エージェントを利用する方が良いと思います。


転職エージェントを利用すると、「転職活動に必要な情報」を全て貰うことができ、かつ求人まで紹介して貰えるというメリットがあるからです。



これは、勉強を「自宅」か「塾」かどちらで行うか?という問題に似ています。


楽なのは自宅で勉強することですが、どう考えても、効率は塾の方が良いです。


転職活動も同じです。


「転職サイト」を利用して転職活動をしたほうが楽なのですが、時間がかかりすぎたり、企業選びの方法すら全く分からない…なんてことになりかねません。


対して、「転職エージェント」を利用すれば、最初は面談などがあって面倒に思うことがあっても、的確なアドバイスだけを貰うことが出来るので、回り道せずに転職活動をすることができます。


このように、「転職活動を成功させる」という大きな目標の中で、転職エージェントを利用した方が何かと有利なので、転職エージェントを使うべきだと言えるのです。



おすすめの転職エージェントを紹介

最後に、おすすめの転職エージェントを紹介しておきます。

一番おすすめなのは、リクルートエージェントです。


  • 転職実績NO.1の転職エージェントだから。
  • 求人数NO.1の転職エージェントだから。
  • 超大手企業、株式会社リクルートが運営するサービスのため、安心して利用できるから。
  • 相談から利用まで、料金は完全に無料だから。


このような理由があるので、リクルートエージェントが一番おすすめだと言えます。

美少女さん

リクルートエージェントについてさらに詳しく知りたい人は、「リクルートエージェントの詳細記事」を参考にしてください。



また、リクルートエージェント以外にも、おすすめ出来る転職エージェントは存在します。


おすすめの転職エージェントランキング」や、「20代におススメの転職エージェント3選」などの記事も合わせて参考にしてください。


正直、どのサービスを選んでも、求職者に対して真摯に対応してくれるので、「このサービスなら大丈夫そうだな」と思えたエージェントなら、利用してみて問題ないと思いますよ。



会社の雰囲気が合わない時の3つの対策:まとめ

今回は、会社の雰囲気が合わない時の3つの対策を紹介してきました。


以下の3つが有効な対策になります。

  • 部署を変えてもらう。
  • 割り切って仕事をする。
  • 転職活動をして会社を変える。


また、この中でも一番有効だと思うのは、「転職」をすることです。
根本的に問題を解決できるからですね。


今の時代、2人に1人が転職を経験すると言われているぐらいなので、転職することをそこまで深刻に考える必要はありません。


今の環境が辛いのなら、何かしらの行動はしたほうが良いと思います。


少しでも、状況を好転させられるように、一歩踏み出してみると良いでしょう。

≫リクルートエージェントの公式サイトはこちらから




-職場や仕事

© 2021 イキルブログ2 Powered by AFFINGER5