転職

社会不適合者はどうやって生きるべき?圧倒的に自由に生きれる方法を紹介!


美少女さん

「仕事もプライベートも上手くいかない…。私って社会不適合者なのかな?
何かやろうと思っても続かないし、人一倍不器用ですぐに諦めてしまう。
もうどうやって生きていけばいいのか分からないよ…。」


今回は、こんな悩みに答えます。

この記事の内容
  • 社会不適合者の意味を解説
  • 社会不適合者はどうやって生きるべきか?圧倒的に楽な生き方も紹介!
  • 社会不適合者におすすめな稼ぎ方を紹介
  • 社会不適合者が利用するべき転職サービスを紹介


この記事を書いた人


こんにちは、イキルです。


仕事やプライベートが上手くいかず、「もしかして自分は社会不適合者なのかな?」と思う事もあるかもしれません。


私も普通にサラリーマンとして働くのは苦痛でしかなかったので、当たり前のように働ける友人を見ると落ち込むこともあります。


とはいえ、社会不適合者だったとしても、何とか生きていかないといけません。


そこで今回は、社会不適合者はどうやって生きていくべきなのか?また、圧倒的に楽な生き方についても紹介します。
ではいきましょう。


もう限界…と思っている人へ


もしかしたら、もうすでに会社で働くことに限界を感じている人も居るかもしれません。


その場合、無理に今の会社で頑張り続けるよりも、一度環境を変えたほうが良いこともあります。

美少女さん

無理をすると、精神を病んじゃうからね…。



そのため、リクルートエージェントなどの有名なサービスを利用して、一度転職して環境を根本的に変えてしまうのもアリだと思いますよ。

天職ちゃん

リクルートエージェントについては、『リクルートエージェントの強みや評判は?【使い方も画像付きで解説】』で詳しく解説しているので参考にしてください。



転職するのにも勇気が居ると思いますが、今のまま耐え続けるよりは有意義に生きられると思いますよ!

≫参考:【仕事で悩んでる人だけ見て下さい】あなたがするべきなのは"転職"である7つの理由




どうやって生きるべきなのかを紹介する前に、社会不適合者の意味を知っておこう。

社会不適合者とは、社会の要求通りに生活することが困難な人のことです。


要するに、「他の人が当たり前に出来ることが出来ない人」ということですね。


例えば以下のような感じです。

  • 電話対応ができない。
  • 大事な約束が守れない。
  • 遅刻欠勤はあたりまえ。
  • 何かを初めてもすぐに辞めてしまう。


こんな感じです。


単に怠惰なだけならいいですが、やろうと思っても上手くできない人も居ます。


ちなみに私も電話対応が異常に苦手です。
頭が真っ白になって、まともに対応できないことも良くありました(笑)


このように、社会不適合者というのは、社会の要求(誰でもできること)通りに行動することが困難な人のことを言うようですね。



社会不適合者はどうやって生きるべきか?圧倒的に楽な生き方を紹介!

では本題に入ります。


社会不適合者はどうやって生きるべきなのでしょうか?
また、圧倒的に楽な生き方とはどんなものなのでしょうか?


説明していきます。



結論:圧倒的に楽な生き方は、「出来る事しかしない」生き方!

結論から言うと、圧倒的に楽な生き方とは、「出来る事しかしない」という生き方です。


最初から出来る事しかしなければ、当然楽に生きることが出来ますよね。
自分が出来ないことや苦手なことは一切やらないので、ストレスのない生活ができます。

美少女さん

いやいや、そんな都合よく生きていけないでしょ!



確かにそうですね。
実際には、やりたくない事もやらないと生きていけないかもしれません。


でも、理想としては「出来る事しかしないで生きていく」ことが一番良いのは事実だと思います。


なら、後はどうしたら「出来る事しかしないで生きられるのか」を考えることが大事だと思います。



【自己分析】まずは現状を見つめなおそう。

出来る事しかしない生き方を実現しようと思うなら、まずは現状を見つめなおしましょう。


今自分が置かれている状態を出来るだけ詳しく思い起こすことが大切です。


おそらくですが、社会不適合者の人は、様々な問題が山積みになっていて、何から手を付けたら良いのか分からなくなっていると思います。


一度、以下のようなことを整理してみると良いでしょう。

  • 自分がどうしても出来ないこと。
  • 自分が今困っていること。
  • 絶対にやりたくないこと。
  • 絶対にやりたいことや出来る事。
  • 今の仕事は続けられそうか、それとも他の事をしたいのかどうか。


こんなところを整理しておくと良いでしょう。
一旦自分の現状の考え方や状況を整理して置くことで、今後の立ち回りがしやすくなります。



社会不適合者におすすめな立ち回り方を解説。

ここで、どうやって生きるべきか分からない社会不適合者に向けて、おすすめの立ち回り方を紹介しておきます。


結論から言うと、以下のように行動すると良いでしょう。

  1. 今やっている仕事が続けられそうか考える。
  2. yes…嫌になるまでは続ける。no…無理なら一旦転職する。
  3. 転職後、続けられそうならそのまま頑張る。無理なら一旦正社員として働くことを辞めてみる。
  4. 何度か転職しても正社員で働くのが厳しいなら、フリーターをやってみたり、フリーランスになる道を模索する。


こんな感じで立ち回ると良いと思います。


今やってる仕事が無理なら一旦転職→それでうまくいくならそのまま頑張る。
それでも無理なら一旦正社員として働くことを辞めてみるって感じですね。


とにかく大事なのは、「出来る事だけをする」というイメージを持って行動することです。


社会不適合という大きなマイナスからのスタートなので、他の人を真似して頑張ろうと思っても、まずうまくいきません。


自分がやりたいことをしっかり考えて、それを実現できる生き方を模索してみると良いでしょう。


でも、「他人と同じように働けない」というのは、ある意味強みにもなり得るので悲観する必要はありません。


起業やフリーランスとして独立するような人は、大抵が「他人と同じように働くのが嫌」というタイプの人です。


私の友人に同人誌で上手くやっている(月100万円超え)人が居ますが、その人も完全に社会不適合者です。


このように、社会不適合の人は、大成する可能性も普通の人より多く秘めているので、あまり悲観しないようにしましょう。


ただ、自分で稼げないうちは、何らかの仕事はしないと金銭的に生きていけなくなってしまうので、以下の章を参考にして、自分に合った仕事を探してみると良いでしょう。



どうやって生きるべきか分からない社会不適合者におすすめな仕事選びのポイント

社会不適合者におすすめな仕事選びのポイントについて解説します。


結論から言うと、出来るだけ責任が少ない仕事を選ぶことがポイントになります。


私もそうですが、社会不適合者の人は、変に気負ったりすると余計にうまくいかなくなってしまうことが多いです。


「絶対に失敗できない…」というプレッシャーにとても弱いので、責任重大な仕事を与えられても、やる気が出るどころか困ってしまいます。


そのため、最初から多少ミスをしても何とかなるような仕事を選んだほうが良いと言えると思います。


リカバリーが難しい仕事は、緊張やストレスになって状況を悪くするだけなので、選ばないほうが良いですよ。


例えば、ミスが人の命に係わるような仕事や、現場監督などのある程度決断力が必要な仕事などは、たとえ雇ってもらえそうでも辞めておいた方が良いかもしれませんね。


就職や転職するときは、自分があまりプレッシャーを感じないような仕事を選ぶようにすると良いと思います。
くれぐれも給料だけで決めるようなことは辞めましょう。あまりにも無謀です!



どうやって生きるべきか分からない社会不適合者におすすめな稼ぎ方3選!

仕事が苦手とはいえ、何もしなければお金が無くなってしまうので、何とかして稼ぐ必要があります。
この章では、社会不適合者におすすめな稼ぎ方を3つ紹介します。


以下の3つです。

  • 責任の少なめな仕事の正社員に転職
  • フリーターとして、働きやすいバイトを2つほど掛け持ちする。
  • フリーランスとして働く。


それぞれ解説します。



責任の少なめな仕事の正社員に転職する。

一つ目は、責任の少なめな仕事の正社員に転職することです。


先ほども言った通り、社会不適合者の自覚がある人には、責任のある仕事は向きません。
そのため、責任があまりない正社員の仕事を見つけるのがおすすめです。


責任が完全にない仕事というものはこの世に存在しませんが、「責任の少ない仕事」なら探せば見つかります。


例えば、以下のような仕事が良いかもしれません。

  • 清掃員
  • 警備員
  • 事務職
  • 倉庫業


このあたりがおすすめです。


たとえミスをしたとしてもそこまで大きな被害にならないことが多いので、比較的責任が少ない仕事と言えるでしょう。


上記のような仕事は給料があまり良くないことが多いですが、あくまで優先度は「給料<出来るかどうか」です。


このように、できるだけ無理なく働ける業種を選んで転職すると、かなり生きやすくなると思います。



フリーターとして、働きやすいバイトを2つほど掛け持ちする。

二つ目は、フリーターとして2つほど掛け持ちして働くことです。


フリーターの場合、正社員に比べて責任が少ないので、無理せず働くことができます。


生活費を下げることが出来れば、一つのバイトでも全然良いかもしれませんが、現実的には2つ程度のバイトを掛け持ちをする事になると思います。


将来のことが不安かもしれませんが、正直何とでもなるので、別にフリーターでも良いと思いますよ。


フリーターの将来について知りたい人には、以下の記事が参考になるかもしれません。

関連記事
フリーターで一人暮らしの30代は絶望?【結論:そんなことはありません。】

続きを見る





フリーランスとして働く。

最後は、フリーランスとして働くことです。


これは、やる気がある人にはかなりおススメな方法です。


たとえば、以下のような業種でフリーランスになることが出来ます。

  • プログラミング
  • パーソナルトレーナー
  • WEBライター
  • イラストレーター
  • カメラマン
  • ブロガー
  • その他色々


このように、色々な種類があります。
ある程度の技術が要求されますが、軌道に乗せることが出来れば正社員以上に収入を得ることも可能です。


まぁ、私もブログを頑張っていますが、今のところ正社員以上に稼げる未来は想像できませんが(笑)


それでも、ある程度稼げるだろうなという確信はあるので、案外やってみれば何とかなると思いますよ。


自分一人で働くことが出来るので、むしろ社会不適合者にこそ最適みたいななところもあります。


フリーターとして働きながら、フリーランスになるための勉強をするというのも良いかもしれません。



「自分は社会不適合者なのかも…」と思う人が利用するべき転職サービス

現状に満足できない場合、転職をするのがおすすめです。

≫参考:【仕事で悩んでる人だけ見て下さい】あなたがするべきなのは"転職"である7つの理由


また、転職サービスを利用するなら、転職エージェントを使うのがおすすめです。


仕事があまり上手くできないということを、プロのキャリアコンサルタントに無料で相談できるからです。


転職エージェントでは、おすすめの仕事や向いている職種などを教えてもらえる可能性があります。


おすすめの転職エージェントは沢山ありますが、しいて言うならリクルートエージェントが特におすすめです。


業界NO.1の求人数を誇る有名サービスなので、登録は必須レベルのサービスですからね。


以下の記事で、登録の仕方まで紹介してるので、参考にしてみて下さい。

関連記事
転職するならリクルートエージェント!圧倒的な"3つの強み"とは?【使い方も解説】



また、他サービスについても知りたい場合、以下の記事も参考にしてみて下さい。

関連記事
【知らなきゃ損】おすすめの転職エージェントランキングTOP3!【比較表あり】
関連記事
20代の転職希望者におすすめな転職エージェント3選【徹底比較】




社会不適合者はどうやって生きるべきか?|まとめ

今回は、社会不適合者はどうやって生きるべきか?という話題について記事を書きました。


実際に仕事を辞めて分かりましたが、世の中の社会不適合者に対する風当たりは中々厳しいですよね…。


それでも、何とか生きないといけません。


それなら、変に無理するよりも、自分に出来る事だけを追い求めていくのが一番良いと思います。


今回紹介した内容を転職サービスを利用して、新しい一歩を踏み出してみると良いかもしれませんね。



-転職

© 2021 イキルブログ2 Powered by AFFINGER5