転職

仕事ができないから死ぬしかない?最強に楽な生き方を考えました。


美少女さん

「どうしても上手く仕事ができない…。
今日も普通ならしないようなミスをして上司に怒られちゃった…。
こんなんじゃダメだ。もう死ぬしかないのかな?」


今回は、こんな悩みに答えます。

本記事の内容
  • 仕事が出来ないからと言って死ぬ必要は無い理由。
  • 「仕事ができない、死ぬしかない!」と思った時の逃げ方。
  • 仕事ができない人でも自由に生きれる最強の生き方を解説!



この記事を書いた人

あまりにも仕事ができないと、「何もできないし、もう死ぬしかないのかな…」と辛い気持ちになることってありますよね?


死ぬなんて現実的なことではないですが、仕事が上手くいかずに毎日が辛いと、本気で追い込まれてしまう時もあります。
私にもそんな時期がありましたし、最終的に退職までしてしまいました。


そこで今回は、仕事が出来ないからと言って死ぬしかないなんてことはない理由、対策や自由に生きる方法などを解説します。


前置きはこの辺にしておいて、早速見ていきましょう。



仕事ができない…もう死ぬしかないのか?

仕事が出来ないと、どうしてもマイナスな気分になってしまいますよね。


マイナスな気分になると、「死ぬしかないのか…」というとてもネガティブな考えに陥りがちです。


実際頑張ってもどうにもらならい時ってありますよね?
そうなったら、もう死ぬしかないのでしょうか?



結論:仕事が出来ないからと言って死ぬ必要はない。

結論からいうと、仕事が出来ないからといって、死ぬ必要は絶対にありません。


そもそも犯罪者でもない限り、死ぬ必要のある人間なんていませんからね。


仕事が出来ずに困ってしまう気持ちは分かりますが、この記事を最後まで読んでいただければ、「全然死ぬ必要なんてないんだな…」というのが分かると思います。


仕事が出来ないことなんて、実は大したことではないので、気にする必要は無いですよ。



仕事ができないと死ぬしかないと思ってしまうのは、仕事以外で稼ぐ方法をしらないから。

仕事ができないと死ぬしかないと思ってしまうのは、仕事以外で稼ぐ方法をしらないからです。


「仕事ができない=死ぬしかない…」という等式になるのって、そもそもおかしいと思いませんか?


仕事が出来ないことによるデメリットは以下の通りです。

  • お金を稼ぎづらい。
  • 周りの目が痛い。
  • 周りの人を困らせる。


この程度のものです。


確かに仕事が出来ないより出来たほうが良いのは言うまでもないでしょう。


でも、正直この程度のデメリットで死ぬのってなんか勿体ないですよね。


周りの目が痛くても別に問題ありませんし、周りの人が困ると言っても、死なないといけないレベルの問題ではないはずです。


なので、死ぬしかないなんて状態になる理由が無いように思えます。


ただ、「お金を稼ぎづらい」というデメリットだけが意外と厄介なんです。
お金は、生きていく上で最低限は必要になるものです。


それを稼ぎづらいということは、そのまま人生のハードルが高くなることを意味します。


「仕事ができない=死ぬしかない」ではおかしい気がしますが、「仕事ができない=お金が稼げない=死ぬしかない」という等式が、間接的に成り立ってしまうんですよね…。


これが、仕事ができないと死ぬしかないと思ってしまう理由になります。


仕事ができない人でも、仕事以外でお金を稼げる人は死ぬしかないとは思わないはずです。



死ぬという単語がすぐに出てくるのは「一番思いつきやすい逃避方法」だから。

死ぬという単語がすぐに出てくるのは「一番思いつきやすい逃避方法」だからです。


仕事ができなくて辛かったとしても、実際の所生きていくだけなら何とでもなります。
極力仕事をしないで生きる方法は沢山ありますからね。


にもかかわらず、真っ先に「死ぬ」的な単語がでてきますよね。


私もそうでしたが、嫌なことがあると、真っ先に思いつくのが「死ぬ」という単語でした。


なぜ、こんな非現実的で畏怖すべき単語がとっさに出てくるのでしょうか?
それは、死ぬということが「一番思いつきやすい逃避方法」だからです。


一番思いつきやすい逃避方法が「死」な理由


死のイメージって、追い込まれている人とそうでない人では大分ズレがあると思うんです。

追い込まれていない人

  • 怖いもの。
  • 避けたいもの
  • 地獄とかあるっていうし絶対に死にたくない。
  • 考えただけで怖くなる…。


追い込まれている人

  • ずっと眠っている感じのイメージ。
  • ちょっと怖いかも。
  • 死んだら死んだでしょうがないかな。
  • 考えると少し気分が楽になる。


こんな感じです。
ちなみに私はどちらも経験しています。


会社で働いていた頃は完全に後者でしたが、今はどちらかと言えば前者のイメージがあります。


このように、「仕事ができないことで追い込まれている人」にとって、死というのは、そこまで拒絶するべきイメージの物ではないのです。


むしろ、「楽になれる…」というイメージの方が強いので、「死ぬしかない」という言葉が出てくるのです。



死ぬしかないと考える前に、そもそも仕事ができない理由を考えよう。

仕事ができなくて、死ぬしかない…と思ってしまうのは、ある意味仕方のないことです。


先ほども書きましたが、一番思いつきやすい逃避方法だからですね。


ただ、仕事が出来ないことをいつまでも悩んでいても埒があきません。

美少女さん

悩んでいても仕方ないからね!



そのため、そもそも仕事ができない理由を考えることが先決です。



仕事が出来ない大きな理由は「適性」です。

結論から言うと、仕事が出来ない大きな理由は「適性」です。


自分に向いている仕事は出来るし、向いてなければ出来ないのが当たり前ですね。


私を例にすると、黙々と手を動かす仕事は得意でしたが、接客の類は大の苦手でした。


今の仕事が上手くこなせずに困っている場合、今働いている業種が実は苦手な業種だったということも考えられます。
そういった場合は、別の仕事をしてみると案外うまくいくことがあります。


美少女さん

でも、いままで何をやっても駄目だったんだよ…?今更他のことをやっても変わらないんじゃ?


確かに今までうまくいかないことが多かったという事は、他の人よりも全体的にセンスが無いなどのマイナス要素があるのかもしれません。


でも、そんな人でも絶対に出来ることはあるので、それを探すことを諦めないようにしましょう。


このように、仕事が出来ない大きな理由は「適性」にあります。
合わない仕事はいつまでやっても上達しない可能性が高いので、やることを変えてみる工夫も必要です。



原因の大半が適性なので、仕事ができないなら変えればOKです。

原因の大半が適性なので、仕事ができないなら変えればOKです。


仕事が出来ない原因としては適性が無いことがほとんどなので、自分に合っている仕事へと転職をすることで、ある程度仕事をしやすくすることができます。


例えば、今営業をやっているとします。
仕事が出来ないことを悩んでいるのなら、一旦営業以外の業種を試してみると良いかもしれません。


どんな業種を選べばいいのか分からない…という時は、転職エージェントでアドバイスを貰うと良いでしょう。


一番おすすめな転職エージェントは、業界でも最大手のリクルートエージェントです。
とりあえず、分からないことがあったらここで相談しておけば間違い無いでしょう。

>>リクルートエージェント【公式サイト】






「仕事ができない、死ぬしかない!」と思うぐらい追い込まれたら一旦逃げましょう。

「仕事ができない、死ぬしかない!」と思うぐらいに追い込まれてしまったら、一旦逃げるようにしましょう。


死ぬしかないと思ってしまうのは、追い込まれている人の特徴でもあるので、一旦その環境からは離れたほうが良いのは言うまでもありません。


今はまだ、「死ぬしかない=楽になりたい」という比喩かもしれませんが、極限まで追い込まれてしまうと、本気で死ぬことを考えてしまうこともあり得ます。


そのため、一刻も早く逃げたほうが良いと言えるでしょう。


最悪の事態にならなくても、精神的に病んでしまう危険もあるので、あまり猶予はありません。

美少女さん

でも、逃げるっていったってどうすれば良いか分からないよ…。



そんな人のために、この章では今の環境からの逃げ方を紹介します。



逃げる方法は「転職、フリーター、フリーランス」など様々。

逃げる方法は「転職、フリーター、フリーランス」など様々あります。


要は「今の環境を変える」ことが出来ればいいので、それさえできるのなら転職だろうとフリーターだろうとなんでも良いのです。


「もう死ぬしかないのか…」と本気で落ち込んでいる時に、逃げ方にこだわりなんて持っている場合ではありませんよね…?

美少女さん

「石の上にも三年…」なんて言ってる場合じゃないよ!病むかどうかの瀬戸際なんだから。



とにかく、今の自分に出来る最善の逃げ方で脱出することが大切です。
具体的な逃げ方は、以下で方法ごとに解説します。



詳しく解説:転職

一つ目の逃げ方は、転職することです。


今の仕事ができなくて辛いのなら、転職するのが一番一般的な逃げ方になります。


逃げ方というとイメージが悪いかもですね。
「脱出」と言ったほうが良いかもしれません。


先ほど書いた通り、仕事が出来ないのは「適性がない」ことが大きな理由なので、自分の適性を正確に把握して転職先を探すことで、ストレスなく働くことも可能になります。


この「自分の適性を正確に把握する」という作業は、自分一人で行うのは難しいので、転職エージェントなどで、専門の人と一緒に考えたほうが良いでしょう。



おすすめの転職エージェントについては、以下の記事で紹介しています。

関連記事20代の転職希望者におすすめな転職エージェント3選【徹底比較】



無料で、転職や適性に関しての相談にも乗ってくれるので、利用しない手はありません。



詳しく解説:フリーターになる

二つ目の逃げ方は、フリーターになることです。


転職という選択肢に怖気づいてしまった場合や、正社員として働くことに限界を感じてしまった人は、シンプルにフリーターになると良いかもしれません。

美少女さん

フリーターって底辺じゃん…。



と思うかもしれませんが、底辺だろうと何だろうと、「今の会社で働くよりマシ」だと思えるのなら、フリーターになった方がマシではないでしょうか?


正直、独り身ならフリーターでも何の問題もなく食べていくことが出来ます。


私は「フリーター×副業」という生き方に希望を見出したので、実際にフリーターとしても働いていますが、意外と快適に生きることができています。


思うに、皆高いところを目指しすぎているんですよね。
「年収500万円は無いと…」とか「車は普通車を持っとかないと…」とかですね。


ホントにそんなにいるの?ってぐらい色々な物を求めるんです。


そういった欲みたいなものを少しだけ捨てると、フリーターでも全然快適に生きることが出来ると思います。


今の会社で死ぬしかない…なんて落ち込むぐらいなら、フリーターで人生を楽しんだ方が良くないですか?



詳しく解説:フリーランスになる

三つ目の逃げ方は、フリーランスになることです。


これは正直ハードル高いと思います。(今のところ私には無理そうです。)
でも、出来るなら一番良い逃げ方(労働からの脱出方法)になるかもしれません。


最近では、働く場所を選ばないフリーランスという働き方はとても人気ですよね。
プログラミングやライター業など、スタバでコーヒー片手にPCで作業する姿を想像すると思います(笑)


私もブログ運営をしていますが、今の所これだけで食べていける未来は見えて無いです。
※後々はブログを生活の主軸に据えたい所です!


でも、専門的な知識をある程度持っている人が、腰を据えて作業をすれば食べていくのは十分可能だと思います。


フリーランスとして働く壁は厚いですが、「仕事が苦手なんじゃなくて、会社で働くのが苦手なんだよね…」みたいな人なら、実際に食べていくことも出来ると思います。


私の友人にも、フリーランスとして月に100万円ちょっと稼いで生活している人が居るので、出来る人には出来るんですよね…。


ちょっと難易度は高いですが、自信がある人は挑戦してみると良いかもしれません、


ダメならダメで、フリータになったり、転職したりと後からでも何とでもなるので、とりあえずやってみるといいですよ!


友人曰く、「とりあえず始めて年単位で続けてれば何かしらの結果は出る」とのことなので、挑戦と継続を意識して取り組んでみると良いと思います。



死ぬしかないと思うぐらい仕事ができない人でも自由に生きれる「最強の生き方!」

ここで、仕事ができない人でも自由に生きれる最強の生き方を紹介します。
ちなみに今回は2つ紹介します。


最強とか言っといて2つとか日本語おかしくね?っていう突っ込みは無しでお願いします(笑)。


以下の2つが自由に生きられる最強の生き方です。

  • 田舎で一戸建てセミリタイアをする。
  • 自転車旅生活をする。


この2つの生き方は、あくまで最終手段です。


先ほど紹介した「逃げる方法」を実行してもどうしてもうまくいかない場合に、こんな生き方もあるよという参考にしてもらえれば幸いです。
では紹介していきます。



田舎で一戸建てセミリタイアをする。

田舎で一戸建てセミリタイアをすると、超低支出で生きることができます。


以下の理由があるので、自由に生きることが出来ます。

  • 格安の一戸建てを購入するので、家賃がかからない。
  • 支出が極端に減らせるので、大きな収入がいらない。
  • 賃貸に比べて家が広いので、田舎耐性さえあれば非常に心地いい暮らしが出来る。


このような理由があるので、田舎で一戸建てセミリタイアをすると自由に生きることができます。


ちなみに、この「田舎で一戸建てセミリタイア」というのを実際に行っているブロガー兼youtuberさんが居ます。


30歳1000万円でリタイア」というブログを運営しているミクさんという人がいるのですが、ミクさんの月の生活費は、大体2万5千円~4万円程度らしいです(笑)
すごすぎますよね。


このように、田舎で一戸建てセミリタイアをすれば、月に4万円もあれば生活することも可能です。


月に4万円なら、治験などでも稼げると思うので、「The仕事!」って感じのことをしなくても生きていくことが可能です。


「仕事出来ないからもう働きたくない…」という人に、こんな生活方法もあるという事が分かって頂ければ幸いです。



自転車旅生活をする。

二つ目は、自転車旅生活をするという生き方です。


テントや寝袋など、旅道具を一式持って行う自転車生活ですね。

美少女さん

うーん、実質ホームレスだね(笑)


確かに、ただ自転車で移動しながら生活しているだけでは、ホームレスっぽいですね。


それでは自由に生きれるとは言えない感じがするので、どうせなら「日本一周」みたいなことをすると良いかもしれません。


自転車で旅(日本一周など)をしながら生活するメリットは以下の通りです。

  • 沢山の人に応援してもらえる。(目線が痛くない。)
  • 食べ物や飲み物をくれる人が結構いる。
  • 実績(自転車で日本一周を達成!)が出来る。


このように、単にホームレスとして絶望しながら生活するぐらいなら、自転車で日本一周をしたほうが絶対に得るものが多いです。


先ほどの「田舎の一戸建てでセミリタイア」という方法は非常に魅力的なのですが、「初期費用とある程度の資産が必要」というデメリットがあります。
具体的には1000万円ぐらいでしょうか…。


一般に言うセミリタイアに比べれば5分の1ぐらいの額で済みますが、それでも「今すぐ仕事を辞めて自由に生きたいんだ…」という人にとっては、厳しいものがあります。


自転車で日本一周をするなら、初期費用は10万円もあれば十分なので、そのぐらいなら何とか捻出できますよね。
自転車旅の場合、基本は無料キャンプ場や野宿なので、ほとんどお金はかかりません。


後は旅先でお金が尽きたら、現地で日雇いのアルバイトをやったりしていれば、半永久的に旅を続けることができます。


自転車旅を「生活にする」ということも可能ではあるので、「もう何をやっても駄目だから、とにかく逃げたい…」という追い込まれている人は、試してみても良いかもしれません。


ちょっと現実味が無いかもしれませんが、こんな生き方もあるということを知っておいて欲しいです。


多分探せば、こんな感じの生活をしている人も居るんじゃないですかね。



仕事ができないから死ぬしかない?最強に楽な生き方:まとめ

今回は、「仕事ができない…死ぬしかない」という絶望に追い込まれてしまっている人に向けて記事を書きました。


私的には、「この会社で働くのはもうだめだ…」と思ったら、まずは転職を検討することをお勧めします。


最後に紹介した「自由な生き方」は、魅力的な分リスクも大きいので、あくまで最終手段にすると良いでしょう。

おすすめの転職エージェント

関連記事
20代の転職希望者におすすめな転職エージェント3選【徹底比較】

続きを見る



-転職

© 2021 イキルブログ2 Powered by AFFINGER5