職場や仕事

おとなしい人程突然辞めるのはなぜ?"辞めたい"と思っているあなたへ


  • 「会社を辞めたいけど、おとなしいと思われている自分がいきなり辞めても大丈夫かな?」
  • 「おとなしい人程突然辞めちゃうイメージがあるけど、なぜなのかな?」
天職ちゃん

今回は、こんな不安や疑問に答えます。

本記事の内容

  • おとなしい人程突然辞めるのはなぜなのか?
  • 会社を辞めたいと思っている"おとなしい"あなたに伝えたい5つのこと
  • もう限界…そんな時の対処法


会社に勤めていると、仲間が退職するのを見送る経験をすることは、誰にでもあると思います。


ですが、「え、この人が辞めるの?」というようなことって結構ありますよね。


業務もまじめにやっていて、おとなしい人に限って、急に退職してしまう…こんなことってありませんでしたか?


また、自分自身「おとなしい人」という部類に入ることを自覚しつつも、訳あって急遽会社を辞めようと思っている人も居ることでしょう…。


そこで今回は、おとなしい人程突然辞めるのはなぜなのか?また、いきなり辞めてしまっても大丈夫なのか?このような疑問に答えようと思います。


私自身、おとなしいキャラとして働いていたにも関わらず、ある日突然休職&退職した人間なので、結構参考になると思いますよ。


ちなみにこの記事は、

  • 会社を辞めたい"おとなしい人"
  • おとなしかった社員が退職してしまって"驚いている人"

どちらの視点からも、有意義な記事になっていると思います。


では早速行きましょう。



おとなしい人程突然辞めるのはなぜ?

まずは、「おとなしかった社員が退職してしまって"驚いている人"」に向けて、「なぜ、おとなしい人に限って、突然辞めてしまうのか?」という疑問を解消しようと思います。


結論から言うと、おとなしい人が突然辞めてしまうのは、「限界ギリギリまで不満を漏らさずに、我慢をしてしまうから」です。

美少女さん

どういうこと?


おとなしい人は、"おとなしい"と言われているだけあって、我慢強い場合が多いです。


そのため、多少のことでは弱音を吐きませんし、周囲に愚痴を漏らすこともしません。


本当はかなり辛い思いをしているのに、それを周囲に愚痴れないため、最後まで我慢をしてしまうんですよね…。


そして、限界が来たら初めて、「辞めます」と会社に伝えるのです。


その結果、「昨日まで普通だったのに、急に辞めてしまった…」ということになってしまうんですね。


実際には、周りが「急に辞めてしまった」と思っているだけで、本人的には、「ずっと辛かったけど、辞めるその日まで耐え続けた」という認識なんでしょう。


事実、私もずっと前から辞めたいと思っていましたが、会社では明るく振る舞っていましたしね…。
「休職したい」と言った時には、人事の人にはとても驚かれました。


このように、おとなしい人が突然辞めてしまうのは、「限界が来るまで弱音を吐かないだけ」というのが実際の理由なのだと思います。


決して、思い立ってからの行動が早いとか、そういう事では無いと思いますよ。



会社を辞めたいと思っている"おとなしい"あなたに伝えたい5つのこと

さて、おとなしい人ほど突然辞めてしまうという現象の理由については、先ほどの章で解説しました。


ここからは、「会社を辞めたい"おとなしい人"」の視点に立って、実際に会社を辞めた私が「伝えたいこと」について書いていこうと思います。


ちなみに、以下の5つが伝えたいことです。

  • その1:会社を突然辞めるのは悪い事ではない。
  • その2:最優先は自分の体と心
  • その3:ヤバいと思った時には、もう手遅れって話。
  • その4:周りのことを考えたら負け。
  • その5:先のことを考えるのは、辞めてからでも遅くない。

少し長くなりますが、結構参考になると思います。


最後まで読んでみて下さいね。



その1:会社を突然辞めるのは悪い事ではない。

一つ目は、会社を突然辞めるということは、決して悪い事ではないということです。


会社に伝えるのが突然だったとしても、おそらく、「辞めたい」と思い始めたのは随分前のはずです。


それでも、弱音を吐かずに頑張ってきたが、本気で限界を感じるため退職をする…という人が多いでしょう。


そうであれば、誰であっても、会社を辞めることを咎めることは出来ません。


本人が、色々考えた結果出した決断ですし、会社を辞めることは、権利として認められていることですからね。


退職時に、会社が定めている期間だけ働ききって辞めるのなら、何の問題もありません。


罪悪感なんて感じる必要はないので、堂々と退職してしまってOKですよ。



その2:最優先は自分の体と心

もし、「もう限界だけど、会社を辞めるのは罪悪感あるし…」と悩んでいるのなら、悪いことは言いません。
すぐに脱出しましょう。


とにかく優先するべきは、自分の体と心です。


体と心のどちらか一つでも壊してしまうと、仕事どころではなくなってしまいますからね。


実際に、無理をして頑張りすぎた結果、鬱状態になってしまって苦労している人だって大勢います。


そのため、「資本である体と心を壊しそう…」そんな状態で働いているのなら、一刻も早く脱出したほうが良いと言えるでしょう。


私自身、無理して働いたせいで、「社交不安障害」と言う診断をされることになってしまいました。


病んでしまった先駆者としても、まずは自分の体と心を優先的に考えることをおすすめします。


人生にとって、とても大きな重荷を背負うことになりかねませんからね。



その3:ヤバいと思った時には、もう手遅れって話。

ちなみにですが、「ヤバいと思った時には、もう手遅れ」で、既に病んでいたりもします。


メンタルが追い込まれていると、自分に起きている変異に気が付かず、具体的な症状が出始めてから、初めてヤバいな…と思い始めることもあるみたいです。


私の場合、特に辛かったのは吃音的な症状でした。


この症状も、実際に出るまでは違和感を感じなかったので、気が付いた時にはもう…という状態でしたね。


こういったこともあるので、ヤバいと思い始める前に、あらかじめ精神的なストレスに関しては対策をしておくべきだと思います。



その4:周りのことを考えたら負け。

最近よく思うのですが、おとなしい人に限って、意外と周囲のことが気になる人が多いように感じます。


よくあるのが、「会社を辞めたら周りに迷惑が掛かるかも…」みたいなやつです。


実際、自分の周囲の人が会社を辞めても、それで恨んだりなんてしないと思います。


ですが、自分のことになると、妙に周りのことが気になってしまうんですよね。


ただ、この「周りのことを考える」ということは、気が利くという意味では良い反面、「自分の人生を生きれなくなる」という大きなデメリットがあります。


周りのことを気にするあまり、自分の気持ちに正直に慣れないからですね。


そのため、会社を辞めたいと思っているのなら、周りのことを考えるのは辞めたほうが良いでしょう。


そうでなければ、とても退職なんてできませんからね。


まずは、自分のことを最優先で考えて、その上で余裕があったら周りも見渡す…。
そのぐらいの気持ちでいたほうが、良いと思いますよ。


意外と周りの人は、自分に関心なんて持ってないものですからね。



その5:先のことを考えるのは、辞めてからでも遅くない。

会社を辞めたいと強く思っているのなら、あまり先のことを考えずに飛び出してしまっても大丈夫です。


むしろ、「辞めたい」と思ったタイミングを逃すと、一生だらだら働き続けることになりかねません。
それは望ましい事ではないですよね?


それに、先のことを考えるのは、辞めた後でも遅くはありません。


人によっては、会社を退職した後、「日本一周旅をしてから次のことを考える!」なんていう猛者だっているぐらいですからね。


そういう人たちだって、無事に日本一周を終えたら、なんだかんだ上手い事立ち回って今でも元気に暮らしているのです。


確かに、少し先のことを考えるのは大切なことです。
例えば、「今辞めても3か月は生きられるように、最低限の貯金をしてから退職しよう」とかですね。


このぐらいのことは考えておかないと、退職して間もなく詰んでしまいますからね。


ですが、「生涯年収的に…」とか「世間的が…」とか、そのようなプラスαの部分を考える必要はありません。


そんなことを考えて、人生の貴重な時間を「嫌な事」に費やすのは勿体ないですからね。


このように、先のことを考えるのは、辞めてからでも遅くないので、「辞めたい」と思ったのなら、自分に正直に辞めてしまっても大丈夫だと思いますよ。



もう限界…だったら退職代行を使ったほうが良いかも。

もしかしたら、この記事を読んでいる人の中には、「もう今の会社で働くのは限界…」という人も居るかもしれません。


そういった場合、退職代行を利用して会社を辞めたほうが良いかもしれません。

美少女さん

なんで退職代行を利用した方が良いの?


退職代行なら、ストレスなく会社を辞めることが出来るからですね。


自分で退職を願い出るよりも、気楽にかつ確実に退職できるのは、大きなメリットの一つです。


そのため、もう限界…と言う場合には、退職代行サービスを有効に利用すると良いと思います。



「上司に退職の意思を伝えるのが無理ゲー」という場合

会社を辞めることを考えているという人の中で、「上司に退職の意思を伝えるのが無理ゲー」だと思っている人は多いでしょう。


想像してみて下さい。
上司に向かって、「退職します」と伝える状況を…。


想像しただけで冷や汗をかきますよね(笑)


そんな、退職の一番のハードルである、「退職の意思を上司に伝える」というイベントですが、これも退職代行を利用することで解決することができます。


退職代行を利用すれば、自分の代わりに退職の意思を伝えてもらえるので、「自分は一切何も言わずに」退職することが出来ますからね。
※ちなみに、退職の成功率は大半のサービスが100%を誇っています。安心ですね。


自分で伝えなくて良くなるどころか、退職代行に依頼した「その日から」会社に行かなくて良くなるぐらいです。


そのため、「上司に退職の意思を伝えるのが無理ゲー」だと思っている場合、迷わず退職代行を使ってしまうと良いと思いますよ。


最小限のストレスで会社から脱出することが出来ますからね!



【3つ紹介】おすすめの退職代行って何かある?

どうしてもポイントサイトで稼ぎたい人
美少女さん

退職代行ね…ちなみに、おすすめのサービスとかってあるの?


おすすめは以下の3つです。

正直、この3つならどれを選んでも問題なく退職出来ると思います。
どこも有名なサービスで、実績も十分ありますからね。


ただ、運営の方針やコンセプトが若干違うので、一応自分に合いそうなものを選ぶと良いでしょう。


料金はどこも3万円前後なので、そこまで大きな差はありません。


より詳しいことは「おすすめの退職代行サービス3選」で解説しているので、こちらも合わせて読んでみてください。



会社を辞めるなら、転職活動も一緒にしましょう。

会社を辞めるのであれば、転職活動も一緒に始めると良いでしょう。


理由は以下の通りです。

  • 転職先を決めておかないと、空白期間が出来てしまうから。
  • やる気があるうちに転職活動まで終わらせてしまった方が、後々楽だから。
  • 転職活動は早い者勝ちだから。


このような理由があるので、転職活動も一緒に進めていった方が良いと思います。

美少女さん

早いうちから始めておいて損は無いよね!



ちなみに、転職活動には専用のサービスを利用することが一般的です。
例えば、転職エージェントや転職サイトなどですね。


更に言うと、その中でも「転職エージェント」を利用することが特におすすめです。


面接の練習や、履歴書の添削なんかも手伝ってくれますからね。


転職活動をする際に利用するべき転職エージェントは、「おすすめの転職エージェントランキング」で紹介しています。参考にしてみて下さい。


また、「特に希望するサービスは無いよ…」という場合、リクルートエージェントを利用するのがおすすめです。


業界最大手の株式会社リクルートが運営しているサービスですからね。


無料で利用できるので、とりあえず登録しておいた方が良いでしょう。

≫【無料】リクルートエージェントに登録する。




リクルートエージェントについての詳細は、「リクルートエージェントの詳細や使い方について」で解説しているので、目を通しておくと良いと思いますよ。



おとなしい人程突然辞めるのはなぜ?:まとめ

今回は、おとなしい人程突然辞めるのはなぜなのか?と言う疑問に答えました。


また、自分は"おとなしい人"であるという自覚がある人向けに、伝えたいことなども書いてきました。


まとめると、以下の通りです。

おとなしい人程突然辞める理由

限界ギリギリまで不満を漏らさずに、「我慢」をしてしまうから。
そのため、突然辞めたように見えるのが、「おとなしい人程突然辞める」と言われる理由。


会社を辞めたいと思っている、あなたに伝えたいこと

  • 会社を突然辞めるのは悪い事ではない。
  • 最優先は自分の体と心
  • ヤバいと思った時には、もう手遅れ。
  • 周りのことを考えたら負け。
  • 先のことを考えるのは、辞めてからでも遅くない。


こんな感じですね。


もし、どうしても「もう限界…今すぐ逃げたい」と言う場合には、退職代行を利用して、すぐに辞めてしまったほうが良いと思います。
無理は絶対に禁物です。


自分の心と相談しつつ、「辞めたい」と思ったら素直に辞めると良いと思いますよ。


おすすめの退職代行サービス3選」の中で、一番良いと思ったものを使うと良いでしょう。


そうすれば、その日から辛い仕事から解放されますからね!


この記事が、悩んでいるあなたの参考になれば幸いです。



-職場や仕事

© 2021 イキルブログ2 Powered by AFFINGER5